日本学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

日本学(にほんがく、: Japanology: japonologie: Japanologie: Japanologie)は、日本文化文明を幅広く研究する学問分野である。日本研究とほぼ同義。

16世紀に日本にやってきたキリスト教宣教師が見聞をまとめたことに始まり、江戸時代には歴代のオランダ商館長(カピタン)たちが研究を進めた。幕末期の1855年にはヨハン・ヨーゼフ・ホフマン教授によってオランダライデン大学に最初の日本学科が設立された[1]

著名な日本学者[編集]

研究機関・組織[編集]

ヨーロッパ[編集]

東京と京都に支部が設置されている(#日本)。

アメリカ[編集]

アジア[編集]

便宜的に日本を除く

日本[編集]

参考・関係文献[編集]

  • 牧健二『近代における西洋人の日本歴史観』清水弘文堂書房、1969年
  • 近代日本研究会編『年報・近代日本研究-10 近代日本研究の検討と課題』山川出版社、1988年
  • シャロン・ミニチェロ、ジョージ・アキタ「最近のアメリカにおける日本近代史研究」
  • 廖隆幹「中国における日本近代史研究の現状」
  • 呉密察「台湾における日本近代史研究の成果」
  • 姜昌一「韓国における日本近代史研究の動向と成果」
  • イギリスにおける日本研究国際日本文化研究センター
  • イギリスにおける日本研究の現状神奈川大学、2007
  • 山東功『日本語の観察者たち 宣教師からお雇い外国人まで』岩波書店 、2013年

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]