淑明女子大学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
淑明女子大学校
숙명여자대학교
Gthumb.svg
大学設置 1948年
創立 1906年
学校種別 私立
設置者 学校法人淑明学院
本部所在地 ソウル特別市龍山区
ウェブサイト 淑明女子大学校公式サイト
淑明女子大学校
各種表記
ハングル 숙명여자대학교
漢字 淑明女子大學校
平仮名
(日本語読み仮名)
しゅくめいじょしだいがっこう
片仮名
(現地語読み仮名)
スンミョンニョジャデハッキョ
英語表記: Sookmyung Women's University
テンプレートを表示

淑明女子大学校(スンミョンじょしだいがっこう、英称:Sookmyung Women's University)は、ソウル特別市龍山区に本部を置く大韓民国私立大学である。1948年に設置された。大学の略称は淑大、淑明女大。

概要[編集]

淑明女子大学(スッミョン女子大学、Sookmyung Women’s University)は、韓国の私立大学であり、韓国初の民族女子私学である。1906年に設立された。淑明は、設立以来、女性が持っている潜在能力を呼び起こし、能力と品性を合わせ持った女性リーダーを育てるために努力してきた。淑明は1995年、第2創学を宣言すると共に、「世界最高のリーダーシップ大学」というビジョンを提示した。2006年には、創学100周年を迎え、2020年までに韓国リーダーの10%を養成するという目標を掲げた。また、このような目標を達成するため、2007年、創造的な知識(Spirit)、未来型技術(Skill)、奉仕的な精神(Service)、健全な心身(Strength)の4つの「S」で始まる特性を基にした未来志向型リーダーシップであるSリーダーシップを誕生させた。

年表[編集]

  • 1906年 - 高宗の後宮・純獻皇貴妃により韓国初の民族女性大学である「明新女学校」が設立。
  • 1908年 - 明新高等女学校に改称。
  • 1909年 - 淑明高等女学校に改称。
  • 1911年 - 淑明女子高等普通学校に改称。
  • 1912年 - 財団法人淑明学院設立。淵澤能恵が理事となる。
  • 1935年 - 小田省吾が校長となる。
  • 1938年 - 淑明女子専門学校設立。
  • 1948年 - 淑明女子大学として昇格。
  • 1955年 - 総合大学として昇格。
  • 1995年 - 創学100周年の2006年を目指した総合発展計画を樹立、第2創学を宣言。
  • 2003年 - ルネサンスプラザを造り上げたことで、第2創学キャンパス完成。
  • 2005年 - 2020年まで「世界最高のリーダーシップ大学」を創り上げるという「SM VISION 2020」を宣布。
  • 2006年 - 創学100周年を迎える。
  • 2007年 - 淑明リーダーシップをブランド化した「Sリーダーシップ」を宣布。

キャンパス[編集]

淑明女子大学のキャンパスは、本キャンパスと第2創学キャンパスで成り立っている。本キャンパスは自然と調和を成している。1995年の第2創学宣言により誕生した第2創学キャンパスは、淑明リーダーシップの文化的基盤である。特にルネサンスプラザは、様々な文化活動を支援する淑明を代表するもう一つのランドマークである。 淑明は、ユビキタス•キャンパス構築に先立っている大学として知らされている。1998年、無線LANサービスを韓国の大学で初めて実施、2002年には、世界の大学の中で初めて個人のモバイルを通じてIDサービスや一人一人に合った情報を知らせるサービス、クレジット決済サービスを提供できるシステムを実現させた。

Sリーダーシップ[編集]

Sリーダーシップは、21世紀を先導するリーダーの養成という淑明の意思が具体的に反映されて誕生したブランドである。Sリーダーシップは、文化•教養知識を基にどのような状況でも問題を解決できる問題解決能力と専門的•実用的知識を持った創造的な知識(Spirit)、デジタル技術•語学能力•コミュニケーション能力を持った未来型技術(Skill)、奉仕•思いやり•協同•信頼を持った奉仕的な精神(Service)、健康な身体•健康な精神を持った健康な心身(Strength)を基盤とした21世紀未来型リーダーシップである。

教育特徴[編集]

淑明はリーダーを送り出すための様々なプログラムを先駆的に運営している。特に、専門的な女性リーダー育成のために、リーダーシップ教養学部及び連携専攻プログラムを運営している。さらに、海外の姉妹大学との交換留学生プログラムを全世界22ヵ国140ヵ校とともに運営している。また、海外の交流大学でそれぞれの学士または修士を同時に修得できる人材養成プログラムを運営している。

リーダーシップ教養学部 淑明はリーダーシップ特性化大学としてSリーダーシップの基礎を強化させるために、1年生全員がリーダーシップ教養学部に所属、14単位を履修することで、リーダーシップを育てている。ここにはリーダーシップ能力向上のための淑明リーダーシップと、実際のリーダーシップ能力を体験できるリーダーシップ特別講義が含まれている。

メンタープログラム 成功的な社会進出と各分野の専門職種が要求する職務核心能力を養うために、メンタープログラムを活性化させており、幅広い産学の協力をなすことによって様々な経歴や現場研修の機会を提供するなど、生涯活かせる実質的な教育システムを運営している。

複数学位制度 淑明の複数学位制度は、21世紀未来社会を主導する世界的女性指導者を養成するために、海外の交流大学でそれぞれの学士または修士を同時に修得できる人材養成プログラムである。「世界を変えるしなやかな力」をモットーにする淑明は、韓国で初めてアメリカと中国の大学と学部/大学院の複数学位制度を試み、世界的な人材養成機関として位置づけてられている。

関連項目[編集]