ヨシキリザメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨシキリザメ
Prionace glauca by mark conlin.JPG
保全状況評価[1]
NEAR THREATENED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 NT.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
: 軟骨魚綱 Chondrichthyes
: メジロザメ目 Carcharhiniformes
: メジロザメ科 Carcharhinidae
: ヨシキリザメ属 Prionace
Cantor, 1849[2]
: ヨシキリザメ P. glauca
学名
Prionace glauca (Linnaeus1758)
シノニム

Squalus glaucus Linnaeus, 1758

英名
Blue shark
Prionace glauca dis.png
分布
上顎歯。
イカを捕食するヨシキリザメ。

ヨシキリザメ (葦切鮫、英名:Blue Shark、学名:Prionace glauca)はメジロザメ科に属するサメ。地方名はアオブカミズブカ・アオタ・アオナギなどがある。本種のみでヨシキリザメ属 Prionace を形成する。世界中の暖かい海に幅広く生息し、長距離を回遊する。全長2-3 m。主にイカや魚を捕食する。成長は早く、4-6年で成熟する。胎盤形成型の胎生で、一度に最大100尾以上の子どもを産む。

日本に水揚されるサメ類の中では最も多く、資源量も豊富である。肉や鰭、皮、軟骨などが利用されている。人や船を襲うこともあり、危険性が高い。

分布[編集]

最も広範な分布域を持つサメの一つ。世界中の熱帯から温帯海域に広く分布する。外洋の海表面から水深350mまで見られ、水温12-20℃を好む[1]。高度回遊性サメ類の一つであり、非常に長い距離を回遊する。

日本近海のヨシキリザメは黒潮親潮がぶつかる潮目のやや南の海域で生まれ、幼魚のころまで潮目の海域で成長する。成熟期前になると、オスは南の海域に、メスは北の海域に分かれて生息する。成熟して成魚になると、メスは南下してオスと同じ海域に生息するようになるが、交尾期以外は、雌雄で分離しているといわれている。理由はよく分かっていないが、サメの天敵はサメ自身であるので、自分より大きな個体から捕食されるのを防ぐためだともいわれている。

形態[編集]

Prionace glauca nms.jpg

最大で全長400cm、体重205.9kgに達する[3]。全長6 mになるという記述もあるが、公式な記録はない。体型は細身の流線形。吻は長く円錐形。眼は比較的大きい。背側の体色は鮮やかな藍青色で、英名の由来にもなっている。宮城県ではアオナギとの別名もあり、中国語でも「大青鯊」(ダーチンシャー、dàqīngshā)と呼ぶ地方がある。腹側は白色である。

両顎歯は異形。上顎歯は幅広の三角形で鋸歯縁を備え、先端は口角に向かってやや傾く。下顎歯は単尖頭で細身の三角形[4]

生態[編集]

比較的小型の硬骨魚類やイカが主要な餌生物であり、他に無脊椎動物、小型のサメ、哺乳類(鯨類)の死骸、まれに海鳥も捕食する[5]。餌生物の嗜好性は乏しく、機会選択的な捕食を行う[4]。他のメジロザメ類には見られない特徴として、鰓弓に鰓耙を備える[5]

天敵にはカリフォルニアアシカ Zalophus californianusアオザメホホジロザメがいる[4]。大型個体の天敵はほとんどいない。

雄は4-5年、182-281cmで成熟する[4]。雌は5-6年、221-323cmで成熟する[4]

胎生。胎盤を形成する。妊娠期間は9-12ヶ月。雌は卵殻腺に精子を長期間保存しておくことができる。産仔数は雌によって4-135尾まで(主に母体サイズによって)異なり、平均約35尾。産まれてくる子どもは35-50cmである[1]。寿命は20年以上と考えられている[5]

人との関わり[編集]

漁業[編集]

日本では最も水揚量が多いサメとなっており、1992年から2009年の水揚量は8700-16000トンである[6]。マグロ延縄などでの混獲が主で、ヨシキリザメが漁業対象になることはほとんどない。スポーツ・フィッシングの対象になる。

ヨシキリザメの肉には独特の弾力があり、かまぼこ半片といった魚肉練り製品の材料として欠かせず[7]、また鰭も中華料理の高級食材であるフカヒレの原料になる。日本国内において食用となるサメ類の約9割は気仙沼漁港で水揚げされるが、その大半はヨシキリザメとネズミザメ(モウカザメ)である[7]

ヨシキリザメの魚肉は水っぽく、サメ独特のアンモニア臭もネズミザメより強いものの[8][7]、加工品としての需要が高いためネズミザメよりも高額で取引されるという[7]。また宮城県岩手県ではフカヒレの加工が盛んで、香港台湾などへも輸出されている。近年は、軟骨コラーゲンなどの摂取を目的とした健康食品に加工販売することも行われている。

危険性[編集]

ヨシキリザメは人を襲うこともあり[8]、人に対して危険であると言える。攻撃前の行動パターンとして、遊泳者の周囲をゆっくり旋回することが知られている。ときには15分以上にわたり何度も旋回を行った後、攻撃に移行する[5]。最初の咬み付きはいわゆる試し咬みの場合がある。常に攻撃的であるとは限らないが、サメがゆっくりと接近してきた場合は注意が必要である。

食料として見た場合、ヨシキリザメの体内に含まれる微量の水銀に注意する必要がある。 厚生労働省は、ヨシキリザメを妊婦が摂食量を注意すべき魚介類の一つとして挙げており、2005年11月2日の発表では、1回に食べる量を約80gとした場合、ヨシキリザメの摂食は週に2回まで(1週間当たり160g程度)を目安としている[9]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c Stevens, J. 2005. Prionace glauca. In: IUCN 2010. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2010.4. <www.iucnredlist.org>. Downloaded on 26 January 2011.
  2. ^ WoRMS, Prionace, World Register of Marine Species英語版, http://www.marinespecies.org/aphia.php?p=taxdetails&id=105722 2014年12月8日閲覧。 
  3. ^ Prionace glauca Froese, R. and D. Pauly. Editors. 2010. FishBase. World Wide Web electronic publication. www.fishbase.org, version (11/2010).
  4. ^ a b c d e Biological Profiles: Blue shark Florida Museum of Natural History Ichthyology Department.
  5. ^ a b c d Leonard J. V. Compagno (1984) "FAO Species Catalogue Vol.4, Part 2 Sharks of the World: An Annotated and Illustrated catalogue of shark species known to date". Food and Agriculture Organization of the United States.
  6. ^ 平成22年国際漁業資源の現況:ヨシキリザメ 水産庁独立行政法人水産総合研究センター
  7. ^ a b c d “【特報 追う】サメ肉料理 目指せ宮城の名産品 官民連携課題は「臭み」”. MSN産経ニュース (産業経済新聞社). (2007年12月14日). http://sankei.jp.msn.com/region/tohoku/miyagi/071214/myg0712140230002-n1.htm 2009年9月4日閲覧。 
  8. ^ a b 仲谷一宏; 尼岡 邦夫(監修). “ヨシキリザメ”. 海のお魚大百科 デジタルお魚図鑑. 長崎県水産部. 2009年9月10日閲覧。
  9. ^ 厚生労働省医薬食品局食品安全部基準審査課 (2003年6月3日). “妊婦への魚介類の摂食と水銀に関する注意事項の見直しについて(Q&A)(平成17年11月2日)”. 魚介類に含まれる水銀について. 厚生労働省. 2013年3月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月15日閲覧。