オジサン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オジサン
オジサン
オジサン
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: スズキ目 Perciformes
亜目 : スズキ亜目 Percoidei
: ヒメジ科 Mullidae
: ウミヒゴイ属 Parupeneus
: オジサン P. multifasciatus
学名
Parupeneus multifasciatus
Quoy & Gaimard, 1825
和名
オジサン
英名
Manybar goatfish

オジサン(老翁、小父さん、学名Parupeneus multifasciatus)は、スズキ目ヒメジ科魚類の一種。

分布[編集]

インド洋太平洋珊瑚礁に棲息する。日本では駿河湾以南にて見られる。

名称[編集]

オジサンという名前の由来は、顔の前面にがあり(隠すことがある)、正面から見るとまるで人間のおじさんの様である事から付けられた名前である。英語では髭を持つヤギに例えて、ヒメジ類をgoatfishと称する。

地方名にカタヤス(鹿児島県奄美大島)、ヘエルカタカシ(沖縄県)などがある。

台湾では「多帶海鯡鯉」を標準名とし、地方名に「秋姑」、「鬚哥」などがある。中国では「多帯副緋鯉」を標準名とする。

特徴[編集]

体長は25cm[1]。大きいものでは35cmほどにもなる。

体色は赤から紫の地色に複数の暗色および明色横帯が入り、頭部には目を通る暗色の縦縞が1本入る。また、第2背びれ基底に暗褐色の斑がある。

甲殻類軟体動物有孔虫、幼魚などを捕食する。

利用[編集]

食用になり、揚げ物・煮つけ・すり身で食される[2]。奄美では切り身でも流通している。

参考文献[編集]

  1. ^ 多紀保彦・河野博・坂本一男・細谷和海 『新訂 原色魚類大圖鑑 圖鑑編』 北隆館2005年12月15日ISBN 4-8326-0820-7 p.627
  2. ^ 木村義志 『フィールドベスト図鑑 日本の淡水魚』 学習研究社2000年8月4日ISBN 4-05-401120-9 p.59