血球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

血球(けっきゅう)とは、血液中の細胞成分の総称である。血液細胞: blood cell)とも呼ばれる。

ヒトの血球[編集]

大きく赤血球白血球および血小板(栓球)の3つに分けられる。

血液を抗凝固剤と共に遠沈管に入れて遠心分離すると、血液中の細胞成分が底の方に移動するが、大部分が暗赤色の赤血球部分で、赤血球部分と上澄みの間に白血球部分ができる。 白血球は、単球リンパ球T細胞B細胞ナチュラルキラー細胞など)、好中球好酸球好塩基球を含んでいる。

関連項目[編集]