ランゲルハンス細胞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
表皮に多く存在するランゲルハンス細胞

ランゲルハンス細胞(ランゲルハンスさいぼう、: Langerhans cell)とは、表皮に存在する樹状細胞の一つ。

発見者であるドイツ医学者パウル・ランゲルハンスにちなんで名づけられている。膵臓に存在するランゲルハンス島と混同してはならない。骨髄で造られ、表皮有棘層に存在する樹状細胞であり、表皮全体の細胞数の2~5%を占めている。樹枝状の突起があり、皮膚免疫を司る沢山の[1]レセプター(受容体)を持ち、外部から侵入する細菌やウイルス、化学物質、かび、放射線、紫外線、温熱、寒冷等の刺激や、皮膚内部の状況を常に[2]脳へ伝達し皮膚の均衡を保つセンサーの役目を担っている。

遊走性で、細胞内の抗原輸送を担うバーベック顆粒(Birbeck granule)があり、抗原を樹枝状の突起で取り込むとリンパ管を通って特定のリンパ節に移動し、抗原をT細胞に提示しこれを感作する。感作されたT細胞が皮膚に移行して抗原に出会うとサイトカインを放出し、異物を殺傷したり炎症などを引き起こす。

老化した皮膚ではランゲルハンス細胞の数が低下しており、情報伝達が滞れば、微生物や化学物質などの異物は排除されず侵入を許し、皮膚や体の健康的な営みが損なわれることになる。

ランゲルハンス細胞とアトピー性皮膚炎[編集]

ランゲルハンス細胞とアトピー性皮膚炎とが深く関わっていることが解ってきた。ランゲルハンス細胞は、IgE受容体をもっておりIgE抗体を介してアレルゲンを捕捉しアレルギー反応を加速する。Ⅰ型アレルギーのみならず、[3]Ⅳ型(遅延型)アレルギー反応にも重要な働きを演じていることが判明している。また近年注目されるようになった病態論として表皮バリア破綻説、即ちバリア機能の欠陥という皮膚の生理学的異常の分子レベルの解明が進んでいる。

新しい発見として2005年、ランゲルハンス細胞は病原体の侵入があると免疫系細胞に警戒態勢をとらせると考えられてきたが、それにとどまらず感染や炎症に対する皮膚の反応を弱めていることを、[4]エール大学医学部の研究者たちが明らかにした。

2009年 慶應義塾大学医学部久保亮治特別研究講師、天谷雅行教授らの研究グループは、ランゲルハンス細胞の細胞突起が、表皮に形成される皮膚バリアを突き抜けて外界の抗原、異物を取り込むことを発見した。この研究成果は、2009年12月7日 Journal of Experimental Medicine誌電子版に発表され、アトピー性皮膚炎の病態の理解・治療法の開発に結びつく成果を期待されている。

2010年には、アミノ酸研究家 小山秀男により、アミノ酸複合体でランゲルハンス細胞を活性化させアトピー性皮膚炎完治の検証結果が、第68回アメリカ皮膚科学会(AMERICAN ACADEMY of DERMATOLOGY:AAD)で、[5]P1308 A unique complex of several amino acids can cure patients with atopic dermatitis として学術発表された。

ランゲルハンス細胞 解明の年譜[編集]

1868年 ドイツの解剖学者 パウル・ランゲルハンス(Paul Langerhans)により、表皮でランゲルハンス細胞が発見された。

1961年 バーベック博士は、ランゲルハンス細胞にラケット状の細胞内小器官を見出した。

1970年 ワルドマン(Waldmann)がランゲルハンス細胞がリンパ節でT細胞に抗原提示をする相互連結性嵌入細胞と同定した。

1973年 ロックフェラー大学のスタインマン(Ralph M.Steinman)がマウスの脾臓で同じ細胞を再発見した。突起のある腕をもつ外観から、「樹状細胞」と改めて命名した。

1993年 米国ボストンのハーバード皮膚科学研究所の細井純一研究員らは、末梢神経繊維が表皮内に入り込み、ランゲルハンス細胞に接触し、脳からの神経伝達物質が直接受け渡されていることを発見。

2005年 エール大学医学部が、ランゲルハンス細胞は免疫反応を調節することを発表。

2009年 慶應義塾大学医学部 久保亮治特別研究講師、天谷雅行教授らは、ランゲルハンス細胞の細胞突起が、表皮に形成される皮膚バリアを突き抜けて外界の抗原、異物を取り込むことを発見。

2010年 アミノ酸研究家 小山秀男は、アミノ酸複合体でランゲルハンス細胞を活性化させアトピー性皮膚炎が完治する検証結果を、第68回アメリカ皮膚科学会で、P1308 A unique complex of several amino acids can cure patients with atopic dermatitis と題して発表。

脚注[編集]

  1. ^ [ランゲルハンス細胞はアミノ酸と密接な関係にあり、アミノ酸を感作するレセプター(受容体)を持っている。アレルゲンの基本構造が蛋白質であることや、皮膚内部の状況を脳に伝達し、また脳からの指示を受けるやり取りをするために必要な神経伝達物質もペプチドという種類のアミノ酸である。]
  2. ^ [1993年、米国ボストンのハーバード皮膚科学研究所の細井純一研究員らは、神経ペプチドの一つであるカルシトニン遺伝子関連ペプチド(CGRP)の免疫染色を応用した免疫の電顕鏡写真によって、末梢神経繊維が表皮内に入り込み、皮膚の免疫細胞であるランゲルハンス細胞に接触し、脳からの神経伝達物質が直接受け渡されている事実を発見した。]
  3. ^ [ランゲルハンス細胞による抗原提示によりT細胞が反応し、抗原の侵入から数日を経て発症する。尚、成人アトピー性皮膚炎ではT細胞の反応とは別に、洗剤に含まれる化合物(合成界面活性剤)などで、接触性皮膚炎が全身におこっている可能性も考えられている。]
  4. ^ Langerhans Cells Regulate Immune Reactions in the Skin(ランゲルハンス細胞は免疫反応を調節する)
  5. ^ 23 January 2010 AAD Annual Meeting Poster Abstracts P1308 (PDF) アミノ酸研究家 小山秀男氏が長年取り組んできた研究をAADにて学術発表。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]