肺静脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒトの心臓の構造
肺静脈は薄い肌色で示されている
小葉レベルでの肺血管の走向。

肺静脈(はいじょうみゃく)は、より心臓の左心房に戻る静脈のこと。

肺静脈は肺の機能血管であり、肺で酸素を補給された動脈血を運んでいる。肺内においては、小葉間隔壁内を走行して動脈血を集めたのち、区域と区域のあいだを走って肺門部に還る。

肺静脈は、左右の肺からそれぞれ2本ずつが左心房につながっている。各肺静脈の名称は以下の通り。

  • 右上肺静脈
  • 右下肺静脈
  • 左上肺静脈
  • 左下肺静脈

関連項目[編集]