上腸間膜動脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
動脈: 上腸間膜動脈
Gray1099.png
背面から膵臓と十二指腸を見たところ (上腸間膜動脈は右上に描かれている。)
Superior mesenteric artery ja.gif
上腸間膜動脈を前から見たところ。この動脈と並走している血管(青色で示されている)は上腸間膜静脈である。この図は典型的な血管走行でこの他にも多くのパターンが存在する。
英語 superior mesenteric artery
ラテン語 arteria mesenterica superior
グレイの解剖学 書籍中の説明(英語)
栄養 ,膵臓
起始
分岐
静脈
MeSH Mesenteric+Artery,+Superior
テンプレートを表示

上腸間膜動脈(英:superior mesenteric artery; SMA)は腹部にある動脈の1つであり、通常、腹腔動脈の下方で腹大動脈の前面から生じる。上腸間膜動脈は十二指腸の下部から横行結腸の3分の2までの腸と膵臓を栄養している。

位置と走行[編集]

成人の場合、上腸間膜動脈はL1の位置で生じ、通常、その1cm上に腹腔動脈の起始がある。上腸間膜動脈はその起始から前下方へ伸び膵頚(膵頭の一部)の下をくぐった後、前方に出て十二指腸水平部(または下部・第3部とも呼ばれる)の前を越えて下行し、腸間膜に入る。起始から腸間膜に至るまで、上腸間膜動脈と大動脈の間には以下のような構造物がある。

[編集]

栄養器官
下膵十二指腸動脈 膵臓の一部や十二指腸の下行部・下部
中結腸動脈 横行結腸
右結腸動脈 上行結腸
回腸動脈 回腸
空腸動脈 空腸
回結腸動脈 上腸間膜動脈の終枝で回腸の終部と盲腸虫垂などを栄養

上腸間膜動脈の枝は結腸の周りで吻合し辺縁動脈を形成している。なお、辺縁動脈は左結腸動脈(下腸間膜動脈に由来)の枝も加わっている。

変異[編集]

腹腔動脈と同様、上腸間膜動脈にはいくつかのバリエーションが存在することが知られている。例えば、右肝動脈が上腸間膜動脈から分岐したり、右結腸動脈が欠如していたりする。

関連疾患[編集]

画像[編集]

出典[編集]

  1. ^ Redaelli CA, Schilling MK, Büchler MW (1998). “Intraoperative laser Doppler flowmetry: a predictor of ischemic injury in acute mesenteric infarction”. Digestive surgery 15 (1): 55–9. doi:10.1159/000018587. ISSN 0253-4886. PMID 9845564. 

外部リンク[編集]