総頸動脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
動脈: 総頸動脈
Gray506 ja.svg
左心室を出て分岐する大動脈
左右の総頚動脈が示されている
Gray513.png
の動脈
Common carotiと書かれた血管が総頚動脈
英語 Common carotid artery
ラテン語 arteria carotis communis
グレイの解剖学 書籍中の説明(英語)
栄養 頭頸部
起始
分岐
静脈
MeSH Carotid+Artery,+Common
テンプレートを表示


総頚動脈(そうけいどうみゃく、: Common carotid artery)は、第6頸椎の高さにおいて右は胸鎖関節の高さにある腕頭動脈から、左は鎖骨下動脈のすぐ後ろで直接大動脈弓から分枝する動脈である。

左右両側にある総頚動脈は、ともに気管食道の外側を垂直に上行して甲状軟骨上縁の高さで外頚動脈内頚動脈に分かれる。外側は外頚動脈が、外頚動脈と内頚動脈の後ろには迷走神経が通る。総頚動脈の分岐部と内頚動脈の開始部分には伸張受容器である頚動脈洞が、総頚動脈の分岐部の後側には化学受容器である頚動脈小体がある。

関連項目[編集]