咀嚼筋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
咀嚼筋(群)
Gray781.png
分類
所在分類: 骨格筋
支配神経: 三叉神経(V₃)
部位
体幹筋
頭部の筋
ラテン名
musculi masticatorii
英名
masticatory muscle

咀嚼筋(そしゃくきん)は、下顎骨の運動(主に咀嚼運動)に関わるの総称である。深頭筋とも呼ばれる。咀嚼筋は一般に、咬筋側頭筋外側翼突筋内側翼突筋の4種類が挙げられる[1]

咀嚼機能を主として分類する場合、開口運動に関わる筋として舌骨筋のうち、顎二腹筋オトガイ舌骨筋顎舌骨筋が存在するため、この3種類の筋を含めて咀嚼筋と呼ぶこともある。

  • 閉口筋:咬筋[1]、側頭筋[1]、外側翼突筋(上頭)、内側翼突筋[1]
  • 開口筋:顎舌骨筋、オトガイ舌骨筋、顎二腹筋、外側翼突筋(下頭)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 中塚, p.16

参考文献[編集]

関連項目[編集]