下唇下制筋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
下唇下制筋
Depressor labii inferioris.png
頭頸部の筋肉。濃い赤色が下唇下制筋
ラテン語 musculus depressor labii inferioris
英語 Depressor labii
グレイの解剖学 書籍中の説明(英語)
下顎結合オトガイ孔間の下顎骨斜線
下唇外皮、口輪筋の筋繊維、反対側同名筋
作用 下唇を下方に引く
アナトモグラフィー 三次元CG
テンプレートを表示

下唇下制筋(かしんかせいきん)は人間の頭部の浅頭筋のうち、口唇周囲にかけての口筋のなかで下唇を外側下方にひく筋肉である[1]。筋肉の停止が皮膚で終わっている皮筋である[1]。別名、下唇方形筋

人間において、下唇下制筋の起始は、下顎骨前面のオトガイ孔前下方骨面より起こる[1]

画像[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 原著 森於菟 改訂 大内弘 「筋学 II.頭部の筋 4.口裂周囲の筋」『分担解剖学1』 金原出版東京都文京区2000年11月20日、第11版第20刷、283-287頁。ISBN 4-307-90021-0

関連項目[編集]

外部リンク[編集]