外転神経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
脳神経
第I脳神経 – 嗅神経
第II脳神経 – 視神経
第III脳神経 – 動眼神経
第IV脳神経 – 滑車神経
第V脳神経 – 三叉神経
第VI脳神経 – 外転神経
第VII脳神経 – 顔面神経
第VIII脳神経 – 内耳神経
第IX脳神経 – 舌咽神経
第X脳神経 – 迷走神経
第XI脳神経 – 副神経
第XII脳神経 – 舌下神経
  

外転神経(がいてんしんけい、Abducens nerve)は12対ある脳神経の一つであり、第Ⅵ脳神経と呼ばれる。から出て外側直筋支配する。外側直筋が収縮すると眼球外側を見るように動く。

発生[編集]

解剖[編集]

橋下部の横断面。外転神経核は顔面神経の線維束に囲まれた位置にある。

外転神経核菱形窩の中ほど、つまり橋の後面にある顔面神経丘の中に入っている。顔面神経丘は外転神経核による隆起を顔面神経運動核から出た線維束が取り巻いている場所なのでこの名がある。ここから出た外転神経の線維は橋を貫いて方に向かい、橋と延髄の境目から出る。外転神経は海綿静脈洞を通って上眼窩裂から眼窩に出て、外側直筋に入る。

機能[編集]

外転神経は外側直筋を収縮させ、眼球を外側に向かって水平に動かす(これを眼球の外転という)。眼球の運動に関わる神経は、ほかに動眼神経滑車神経がある。

異常所見[編集]

外転神経が麻痺すると、眼球外転ができなくなり、正常よりも内側を向くようになる。すると両眼の視線が見たい物の場所で交わらなくなり、複視(物が二つに見えること)が現れる。外転神経の麻痺は脳底動脈瘤腫瘍、髄膜血管梅毒糖尿病外傷などで起こり、眼筋麻痺の中でもっとも頻度が高い。これは他の外眼筋を支配する動眼神経核滑車神経核中脳に存在するのに対し、外転神経核が橋の最尾側(延髄との境界近く)に存在するため、眼筋までの末梢線維が走行する距離が最も長く、障害されやすいからである。髄膜炎などで頭蓋内圧が亢進したときも、外転神経が圧迫されて麻痺することがある。外転神経麻痺顔面神経麻痺が合併した場合、顔面神経丘の近くに病変があり、外転神経核と顔面神経の両方が傷ついたらしいとわかる。

参考文献[編集]

  • Werner Kahle、長島聖司・岩堀修明訳『分冊 解剖学アトラスIII』第5版(文光堂、ISBN 4-8306-0026-8、日本語版2003年)
  • 田崎義昭・斎藤佳雄、坂井文彦改訂『ベッドサイドの神経の診かた』第16版(南山堂、ISBN 4-525-24716-9、2004年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]