上眼瞼挙筋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

上眼瞼挙筋(じょうがんけんきょきん、英語: Levator palpebrae superioris muscleラテン語: Musculus levator palpebrae superioris)は、眼筋のひとつである。眼球の後方、視神経管の前で眼窩上面で起始し、上横走靭帯(Whitnall靭帯)を過ぎてから次第に筋成分を失い、結合組織、すなわち腱膜となって上眼瞼および上眼板の上縁に停止する。動眼神経支配され、上眼瞼を挙上し開眼する。

加齢による眼瞼挙筋の衰えにより、瞼が下がる現状を眼瞼下垂という。近年、この眼瞼下垂を矯正する整形手術が増加している。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]