舌咽神経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
脳神経
第I脳神経 – 嗅神経
第II脳神経 – 視神経
第III脳神経 – 動眼神経
第IV脳神経 – 滑車神経
第V脳神経 – 三叉神経
第VI脳神経 – 外転神経
第VII脳神経 – 顔面神経
第VIII脳神経 – 内耳神経
第IX脳神経 – 舌咽神経
第X脳神経 – 迷走神経
第XI脳神経 – 副神経
第XII脳神経 – 舌下神経
  

舌咽神経(ぜついんしんけい、glossopharyngeal nerve)は12対ある脳神経の一つであり、第IX脳神経とも呼ばれる。知覚運動味覚の混合神経。脊髄上部の側面から脳幹を出、迷走神経に近づいていく。

舌咽神経には多くの働きがある。

脳幹と舌咽神経の関係[編集]

舌咽神経の大部分は知覚神経 であり、自身の核は持たない。その代わりに脳幹で他と異なった点を多く持っている。舌の後方で味わえば、頸動脈小体からの情報は孤束核に入る。内臓痛三叉神経の脊髄核に送られる。舌咽神経が支配する茎突咽頭筋のためのニューロン疑核にある。

舌咽神経の検査[編集]

舌咽神経が損傷することにより、咽頭反射に問題が生じる。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]