迷走神経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
迷走神経 Nervus vagus の腹部内臓へ至る分布
脳神経
第I脳神経 – 嗅神経
第II脳神経 – 視神経
第III脳神経 – 動眼神経
第IV脳神経 – 滑車神経
第V脳神経 – 三叉神経
第VI脳神経 – 外転神経
第VII脳神経 – 顔面神経
第VIII脳神経 – 内耳神経
第IX脳神経 – 舌咽神経
第X脳神経 – 迷走神経
第XI脳神経 – 副神経
第XII脳神経 – 舌下神経
  

迷走神経(めいそうしんけい、英:Vagus nerve、羅:Nervus vagus)は、12対ある脳神経の一つであり、第X脳神経とも呼ばれる。頸部胸部内臓、一部は腹部内臓に分布する。

概要[編集]

延髄における迷走神経の起始部。迷走神経背側核、疑核孤束核を含む。

迷走神経は脳神経の中で唯一腹部にまで到達する神経である。迷走神経は体で一番重要な神経であると言える。

迷走神経の「Vagus」とは中世ラテン語で、放浪している事を意味する。

から横行結腸の3分の1までのほとんど全ての内臓の運動神経副交感性知覚神経が迷走神経であり、さらに、心拍数の調整、胃腸蠕動運動発汗発話等にも関与する。

主に副交感神経線維であるが、関与する線維の神経核は迷走神経背側核、疑核 nucleus ambiguus、孤束核 solitary nucleus などである。

また、胸腔内で反回神経を分岐し、これは上行し口蓋帆挙筋耳管咽頭筋茎突咽頭筋口蓋舌筋口蓋咽頭筋上咽頭収縮筋中咽頭収縮筋下咽頭収縮筋鰓弓筋等を支配している。このことは、でも迷走神経が多くの筋肉を支配し、発話咽頭を開くことにきわめて重大な役割を担っていることを示す。

また、この神経は外耳髄膜の一部からいくらかの刺激を受ける。

直接の枝としては、硬膜枝上神経節下神経節鰓弓神経腸骨枝耳介枝咽頭枝咽頭神経叢喉頭神経上頚心臓枝下頚心臓枝気管枝食道枝胸心臓神経気管支枝肺神経叢食道神経叢前迷走神経幹前胃枝胃小弯前神経肝枝幽門枝後迷走神経幹後胃枝胃小弯後神経腹腔枝腹腔神経叢腎枝に分枝する。

迷走・迷走神経反射[編集]

迷走・迷走神経反射(英:vagovagal reflex、独:parasympathischer Reflex)は、外界刺激が迷走神経の求心性線維により中枢に伝わり、遠心性線維が生命維持のために末梢各臓器もしくは効果器に防衛反応を形成する反射である。

知覚枝は外耳道後下壁、鼓膜の後半部、および耳介乳様突起それぞれの付け根の間の小部分、後頭蓋窩の脳硬膜食道気管気管支咽頭からの表在知覚を伝える。また胸部臓器、腹部臓器からの内臓知覚の一部を伝え、孤束もしくは孤束核へ至る。

運動枝は軟口蓋、咽頭、咽頭筋のほとんどを支配し、その神経細胞体は延髄被蓋の疑核にある。

遠心性副交感神経枝はほとんどが背側運動核 dorsal motor nucleus に始まり、内臓運動枝 general visceral efferent fiber として骨盤臓器以外の全臓器に分岐する。

神経原性ショック[編集]

神経原性ショック(英:neurogenic shock、独:neurogener Schock)は神経系障害もしくは刺激により血圧が低下した状態である。

狭義の神経原性ショックは疼痛精神的衝撃などによるもので、三叉・迷走神経反射により全身の血管拡張、徐脈、血圧低下が起こる脈管性減圧性失神 vasodepressor syncope に含まれるものが多く、外傷直後の1次ショックもこれに属する。

広義の神経原性ショックには循環調節に関与する神経機構が損なわれて起こる急性循環障害を含む。これは頭部外傷脳出血などの障害によるショック、急性脊髄損傷から起こる脊髄性ショック、脊髄麻酔によるショック、神経節遮断薬や交感神経抑制薬によるショックの他、起立性低血圧や頸動脈洞症候群などに見られるショックに類するものなどである。本態は多くの場合、急激な末梢血管床拡張に伴う血圧低下と心拍出量減少であり、治療は末梢血管の緊張回復を主とする。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]