外頸動脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
動脈: 外頸動脈
Gray513.png
の動脈
External carotidと書かれた血管が外頚動脈
Gray511.png
英語 External carotid artery
ラテン語 arteria carotis externa
グレイの解剖学 書籍中の説明(英語)
起始
分岐
MeSH Carotid+Artery,+External
テンプレートを表示

外頸動脈(がいけいどうみゃく、: external carotid artery)は、心臓血管である上行大動脈から分枝してできる左右の総頚動脈から分枝する動脈の一つ。頭部および頚部の主要な血管の一つ。甲状軟骨の上端の向かい側から始まる。そしてわずかに曲がったコースを取りながら前上方へ移動する。さらに、下顎頸の後ろのスペースに向けて後方に曲がる。ここで浅側頭動脈顎動脈が別れる。

分岐する枝の数やその大きさのため、上に行くほど細くなる。

子どもでは内頚動脈より多少小さいが、大人ではほぼ同じ大きさである。総頚動脈からの分岐部では、内頚動脈より表面で、正中側にある。また、頸動脈三角の中に含まれている。


関係[編集]

皮膚表在筋膜広頸筋深在筋膜胸鎖乳突筋前縁をカバーする。舌下神経舌神経舌動脈総顔面静脈上甲状腺静脈と交差する。顎二腹筋茎突舌骨筋を経由する。耳下腺の中を通過して上に向かう。顔面神経および、側頭静脈顎静脈の合流地点の深部を通る。

内側には、舌骨咽頭壁上喉頭神経、耳下腺の一部がある。

側方、低い位置に内頸動脈がある。

後方には、総頚動脈からの分岐部近くに上喉頭神経がある。さらに高いところでは、茎突舌筋茎突咽頭筋により、内頸動脈が別れており、舌咽神経迷走神経咽頭枝、耳下腺の一部がある。

[編集]

外頚動脈から別れる血管として、上甲状腺動脈舌動脈顔面動脈上行咽頭動脈後頭動脈後耳介動脈顎動脈浅側頭動脈がある。

関連項目[編集]