上喉頭神経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Gray791.png

上喉頭神経(じょうこうとうしんけい)(羅名 N. laryngrus superior)は、下神経節迷走神経から分枝し、下行して喉頭の上部に達してから内外の2枝に分かれ外枝は主として運動性なので、喉頭咽頭筋の外面に沿って下行して、喉頭咽頭筋輪状甲状筋を支配する。内枝は知覚性なので、上喉頭動脈とともに舌骨と甲状軟骨の間に張っている膜を貫き喉頭の内部へ入って、舌根喉頭蓋喉頭の粘膜を支配する。

支配筋[編集]

関連項目[編集]