椎骨動脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
動脈: 椎骨動脈
Vertebral artery.png
頸部の動脈。椎骨動脈は鎖骨下動脈より起こり、左右が吻合して脳底動脈となる。図中の3本の縦走する血管のうち真ん中のものが椎骨動脈。
Circle of Willis ja.svg
ウィリス動脈輪のイラスト。両側の椎骨動脈は合流して脳底動脈となる。
英語 Vertebral artery
ラテン語 arteria vertebralis
グレイの解剖学 書籍中の説明(英語)
起始
分岐
硬膜動脈
後脊髄動脈
前脊髄動脈
後下小脳動脈
脳底動脈
静脈
MeSH Subclavian+Artery
テンプレートを表示

椎骨動脈(ついこつどうみゃく、: vertebral artery)は、左右に2つある栄養する動脈である。

走行[編集]

左の椎骨動脈は左鎖骨下動脈に、右の椎骨動脈は右鎖骨下動脈に由来し、第六頚椎から第一頚椎にかけて存在する左右の横突孔内を下から上に貫通する。第一頚椎の横突孔を出ると内側に蛇行し、硬膜を突き破って脊髄腔内に入り、そのまま脊髄に沿って大後頭孔から脳内(後頭蓋窩)に入る。脳幹部に入ると左右それぞれ延髄の前外側を上行し、延髄と橋の境界の高さで左右が合流して一本の動脈”脳底動脈”となる。

分岐[編集]

頚髄の高さ(脳に入る前)での椎骨動脈からは、脊髄動脈(根動脈)や筋枝を分岐している。また脳内に入ってからは、前脊髄動脈、左右の後脊髄動脈、左右の後下小脳動脈、左右の後硬膜動脈を分岐する。脳底動脈となってからはそれぞれ左右の前下小脳動脈上小脳動脈を分岐した後、左右に分かれて後大脳動脈となり、後交通動脈につながってウィリス動脈輪を形成する。

栄養[編集]

椎骨動脈が栄養する器官には、脳底動脈以降を含めて以下のものがある。

病変[編集]

椎骨動脈およびその分枝の狭窄や閉塞、解離により、脳梗塞脳出血クモ膜下出血を起こすことがある。上記のようにこの血管が栄養している器官は生命維持にかかわる部分であるだけに、椎骨動脈や脳底動脈本管の完全閉塞などの重大な病変では、致命的となることがある。ただし椎骨動脈そのものは左右二本あるため、どちらか一方が完全閉塞してもまったく症状が現れないことが多い。正常でももともと左右のどちらか一方だけが発達しているのが普通である。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

Parent, André, Carpenter's human neuroanatomy, 9th ed. Media: Williams & Wilkins, 1996, pp.98-113. ISBN 0683067524