間脳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
脳: 間脳
脳の矢状断。黄色が間脳。
Diencephalon.png
間脳と脳表面の関係を示した模式図
赤色で示す領域が間脳
名称
日本語 間脳
英語 Interbrain
ラテン語 Diencephalon
略号 DiE, IBr
関連構造
上位構造 前脳
構成要素 視床視床下部脳下垂体松果体乳頭体
画像
アナトモグラフィー 三次元CG
関連情報
Brede Database 階層関係、座標情報
NeuroNames 関連情報一覧
NeuroLex birnlex_1503
NIF 総合検索
MeSH Diencephalon
グレイの解剖学 書籍中の説明(英語)
テンプレートを表示

間脳(かんのう)は大脳半球中脳の間にある自律神経の中枢。

解剖[編集]

ヒト脳のfMRI画像 円弧を描く白い帯状の脳梁に囲まれた部分が間脳。カリフラワー状の小脳の左上に位置する

大脳中脳小脳からなり、大脳は大脳半球(=終脳)と間脳からなるので、間脳は大脳半球と中脳の間にある。2つの大脳半球に包まれる様にして一つの間脳があり、2つの大脳半球は一つの間脳に繋がっている。間脳は中脳に繋がっている。間脳は(広義の)視床と視床下部からなり、視床は視床上部と狭義の視床背側視床)と腹側視床からなる(図.1)。単に視床と言う場合は狭義の視床を指す。

働き[編集]

間脳は大脳半球のほぼ全ての入力と出力を下位中枢と中継する信号の交差点となっている。特に視床下部は本能的な活動を制御している。ヒトは大脳が最も発達していることから、間脳も最大である。

入力[編集]

視床は嗅覚を除く全感覚の中継にあたる。視覚と関係があると考えられていた のでこの名称がついている。

出力[編集]

中脳が頭頚部の筋肉を直接制御するのに対し、間脳自律神経ホルモン等を介して内臓全体を制御する。

自律神経[編集]

間脳視床下部にある自律神経核によって自律神経である交感神経副交感神経を制御している。交感神経は獲物を捕らえる闘争反応や敵から逃れる逃走反応等を制御し、副交感神経は消化睡眠等のリラクゼーション反応等を制御する。

ホルモン[編集]

間脳は視床下部によって脳下垂体下垂体)を支配して食欲性欲睡眠欲等を制御している。また、免疫等も制御する。間脳の体温調節機能に働きかけ熱発させるサイトカインにIL-1やTNFがある。これらは炎症時に直接間脳に働きかけることにより生体の体温を上昇させ、感染から身を守る。

画像[編集]

外部リンク[編集]