大動脈弁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒトの心臓の構造
中央付近に大動脈弁が示されている

大動脈弁(だいどうみゃくべん、: aortic valve: valva aortae)は、心臓左心室から大動脈への血液の流出路にある弁である。

機能[編集]

大動脈弁は、左心室が収縮すると同時に開いて血液を大動脈へ送り出し、左心室が拡張すると同時に閉じて血液の逆流を防止している。 通常は3つの弁尖から成る。

構造[編集]

大動脈弁は、右冠尖、左冠尖、無冠尖と呼ばれる三つの弁尖から成っている。右冠尖は右冠動脈を、左冠尖は左冠動脈を出している。その名の通り、無冠尖は冠動脈を出していない。腱索や乳頭筋との接続は無い。

大動脈弁の疾患[編集]

関連項目[編集]