心房性ナトリウム利尿ペプチド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

心房性ナトリウム利尿ペプチド(しんぼうせいナトリウムりにょうペプチド、Atrial natriuretic peptide:略称ANP )は生理活性を持つアミノ酸28個からなるペプチドの一種(ホルモン)で、主に心房で合成。貯蔵され血中に分泌される。末梢血管を拡張し血圧降下作用物質として働く[1]腎臓では利尿を促進する方向に働く。

発見[編集]

心房細胞に顆粒があり何らかのホルモンがあるのではないかと言われていたが、カナダのde Boldらが1981年に、血管拡張作用とナトリウム利尿作用がある事を示した。Flynnらが1983年にラットのアミノ酸配列を決定しヒトの配列は旧宮崎医科大学の寒川と松尾らによって報告された。ヒトのANPはhANPと称されることもある。

配列[編集]

rANP(Flynn):H-Ser-Leu-Arg-Arg-Ser-Ser-Cys-Phe-Gly-Gly-Arg-Ile-Asp-Arg-Ile-Gly-Ala-Gln-Ser-Gly-Leu-Gly-Cys-Asn-Ser-Phe-(Arg)-Tyr-OH

医療への応用[編集]

  • 血液中のhANP濃度測定が行われる。hANP濃度は心不全の程度を反映する。
  • カルペリチド(α型hANP)製剤、商品名ハンプが、急性心不全の治療薬として上市されている。

脚注[編集]

  1. ^ ヒト心房性ナトリウム利尿ペプチド, HANP(human atrial natriuretic peptide)

関連項目[編集]