オレキシン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オレキシン (orexin) は1998年に発見された神経ペプチド[1]。オレキシンAとオレキシンBがある。オレキシンは、「食欲」を意味する「orexis」から名付けられた。[2](命名は櫻井武ら研究グループによるもの。) 視床下部外側野に存在する神経細胞がオレキシンを産生している。ヒポクレチン(hypocretin)と呼ばれることがある。オレキシンは、食欲や報酬系に関わるほか、睡眠覚醒を制御することが知られている。オレキシンをつくる神経細胞が消滅するとナルコレプシーという睡眠障害になる。

リガンド[編集]

覚醒状態の維持に関与するオレキシンを標的に、オレキシンの作用を阻害する薬物であるオレキシン受容体拮抗薬がいくつか開発されている。

スボレキサント
メルク・アンド・カンパニー(MSD)が開発し、日本では2014年にMSDよりベルソムラの商品名で不眠症治療薬として認可された。

その他[編集]

DARPAの研究の中に、メタボリック・ドミナンスと呼ばれる「兵士が最高レベルの体調を持続しながら作戦遂行する」ためのプロジェクトがあり、この中でオレキシンをスプレー化したものを吸入することで睡眠の代わりとして使用する研究が行われている[3][リンク切れ]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]