喉頭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
喉頭
Illu conducting passages.svg
喉頭(Larynx)
英語 Larynx
器官 呼吸器

喉頭(こうとう、larynx)とは、咽頭気管の狭間で、舌骨より下にあり気管より上にある、頸部中央に一つ存在する器官のことをいう。体表からは、のど仏として触れることができ、嚥下時には上前方に移動する。嚥下時の食物の気管や肺への流入(誤嚥)の防止、発声などの機能を持つ。嚥下時には、喉頭蓋が後方に倒れ込み、声門が閉鎖することにより、気管に食物が入り込む事を阻止する。

解剖[編集]

  • 甲状軟骨:
  • 輪状軟骨:
  • 披裂軟骨(対):
  • 喉頭蓋:
  • 喉頭前庭:
  • 喉頭室:
  • 輪状甲状筋:
  • 仮声帯:
  • 甲状披裂筋:声帯(声帯ひだ):声門を構成する、左右一対、腱状の構造物。発声時に呼気流を断続的に遮ることで振動、音声(喉頭原音)を生じる。

画像[編集]

正常な喉頭および喉頭蓋の内視鏡像

関連項目[編集]