破骨細胞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
破骨細胞
Gray81.png
牛の胎児の下顎の小柱骨組織上の骨芽細胞(Osteoblasts)と破骨細胞(osteoclasts)
英語 Osteoclast

破骨細胞(はこつさいぼう、osteoclasts)とは、リモデリング(再構築)において、骨を破壊(骨吸収)する役割を担っている細胞である。5~20個(あるいはそれ以上)の核をもつ多核の細胞である。

特徴[編集]

破骨細胞は大型で樹枝状の運動性細胞である。骨髄由来の単球系細胞が分化・融合して破骨細胞になることが知られており、数個から数十個の核を有する多核巨細胞で、細胞質は好酸性を示し酒石酸抵抗性酸性ホスファターゼ活性を有する。

機能[編集]

破骨細胞は骨基質を溶かして吸収する。具体的には周りにコラゲナーゼ水素イオンその他の酵素を放出し、コラーゲンの分解やカルシウム塩結晶の融解を引き起こす。また、酵素によって浸食された部位ではハウシップ窩(Howship's lacuna)というくぼみができる。活発な破骨細胞の骨基質に接する表面、つまりハウシップ窩側は不規則なひだ状である。この突起は波状縁(ruffled border)と呼ばれ、この周囲はアクチンフィラメントが多く明帯とよばれる。

破骨細胞は、副甲状腺ホルモン(parathyroid hormone:PTH)やカルシトニン(calcitonin:CT)によって、その働きがコントロールされている。カルシトニンは、血中のカルシウム濃度を下げる働きをし、また破骨細胞の働きを抑制する。副甲状腺ホルモンは、骨芽細胞によるカルシウムイオンの細胞外液への輸送と破骨細胞による骨吸収を促進して、反対にカルシウムイオンの量を増やす。

破骨細胞や骨芽細胞とこれらをコントロールするホルモン等のバランスにより血中カルシウムイオン濃度や骨が保持されている。

関連疾患[編集]

  • 骨ページェット病(Paget's disease)では破骨細胞による骨融解が異常に亢進する。これを直そうと骨芽細胞が未熟な骨(線維骨)を作るので骨がもろくなる。
  • 大理石骨病(osteopetrosis)では、破骨細胞は波状縁を欠き、骨吸収が出来ないので骨が異常に成長し硬くなる。結果的に、血液細胞の形成(造血)が減少し、貧血をおこしやすく感染症にかかりやすくなる。
  • 副甲状腺機能亢進症(hyperparathyroidism)では副甲状腺ホルモンが増えすぎることで破骨細胞が増え、活動が亢進することにより骨がもろくなる。

参考文献[編集]

関連項目[編集]