食作用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

食作用(しょくさよう)とは、単球マクロファージ好中球等の細胞が体内(組織内、血液内など)にある程度大きなサイズの異物(細菌ウイルス寄生虫)や異常代謝物(ヘモジデリンなど)をエンドサイトーシスによって細胞内へと取り込み、分解する機構のこと。 食作用は異物に対する免疫機構の最前線であり、自然免疫に分類される。

食作用と獲得免疫の誘導[編集]

エンドサイトーシスにより取り込んだ異物は食胞ファゴソーム,phagosome)となり、細胞質中の水解小体リソソーム,lysosome)と結合し異物はプロテアソームにより分解される。この詳細な機構に関しては抗原提示細胞の項を参照のこと。また、異物の分解産物の一部は細胞膜表面に提示され、これをリンパ球T細胞)が認識する。このことによりT細胞の分化が生じ、抗原に特異的な免疫である獲得免疫細胞性免疫あるいは液性免疫)が誘導される。

参考項目[編集]