キャッスル作戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キャッスル作戦・ロメオ実験のキノコ雲
キャッスル作戦・ブラボー実験のキノコ雲
ブラボー実験装置の本体

キャッスル作戦(キャッスルさくせん、Operation Castle)は、アメリカ合衆国1954年ビキニ環礁エニウェトク環礁の二つの環礁で行なった、一連の核実験。合計で6回の実験が行われ、特に3月1日に行なわれたブラボー実験が有名。本実験はアップショット・ノットホール作戦に続いて実施されたもので、本作戦に引き続いてはティーポット作戦が実施されている。

概要[編集]

アメリカが行なった核実験のうち、1952年のエニウェトク環礁におけるアイビー作戦に続くものである。アイビー作戦のマイク実験において、人類史上初の水素爆弾(水爆)の爆発実験が行なわれたが、この実験で使われた水爆は湿式水爆と呼ばれ、極低温で液化した重水素三重水素を使用したため、大規模な付属機器のために重量が73.8トンにも及び、実用兵器には程遠いものだった。

ところが、翌1953年にソビエト連邦が、重水素や三重水素をリチウムと化合させて固化することで大幅に小型軽量化した乾式水爆 RDS-6 の実験に成功(ただし現在では、実際には原子爆弾にわずかな熱核反応をプラスした「強化原爆」と言うべきものであったことが判明している)し、アメリカも対抗上小型軽量化した乾式水爆の開発を迫られ、その成果を試すため、キャッスル作戦が行なわれた。

実験の結果、第五福竜丸等の船舶が被曝し、広範な範囲が放射性物質で汚染された。高知新聞社は2004年夏、「灰滅の海から」と題した連載記事を掲載し、第五福竜丸以外にも、多数の日本船舶がキャッスル作戦の被害を受けたと報じている[1]。  

実験内容[編集]

行なわれた実験は以下の通り。

キャッスル作戦
実験名 日時 核出力(計画) 核出力(実際) 場所 備考
ブラボー 1954年3月1日 6 Mt 15 Mt ビキニ環礁 第五福竜丸事件
ロメオ 1954年3月27日 4 Mt 11 Mt ビキニ環礁
クーン 1954年4月7日 1 Mt 110 kt ビキニ環礁 失敗
ユニオン 1954年4月26日 3~4 Mt 6.9 Mt ビキニ環礁
ヤンキー 1954年5月5日 8 Mt 13.5 Mt ビキニ環礁
ネクター 1954年5月14日 1.8 Mt 1.69 Mt エニウェトク環礁

この実験で、アメリカは水爆の小型化には成功したが、まだ爆撃機に搭載するまでには至らず、1956年になってB-52戦略爆撃機からの水爆投下実験『レッドウィング作戦』(チェロキー)に成功している。

ブラボー実験[編集]

ブラボー実験で発生した放射性降下物による汚染状況。
当時、多くの住民が居住していたロンゲラップ環礁が強い放射能に汚染され、多くの住民に深刻な放射線障害が現れた。

一連のキャッスル作戦のうち、ブラボー実験が最も有名である。これには二つの理由がある。

危険水域の設定が不十分だったのは、核出力の見積りを誤ったせいである。見積りでは4-8Mtとされていたが、実際にはリチウム7の核反応による出力が予想以上で、その3倍程度の15.0Mtに及んだ。これは、設計を担当したロスアラモス研究所のミス、と言われている。

しかし、その後のアメリカ政府の対応のまずさから被爆者の数が増え、特に当時のマーシャル諸島の住民に対する処置は「事実上の人体実験ではないか」とする批判がある。

また、第五福竜丸の被曝を矮小化するために、アメリカの国家安全保障会議作戦調整委員会(OCB) は「水爆や関連する開発への日本人の好ましくない態度を相殺するための米政府の行動リスト」(1954年4月22日起草)で、科学的対策として「日本人患者の発病の原因は、放射能よりもむしろサンゴのちりの化学的影響とする」と明記。「放射線の影響を受けた日本の漁師が死んだ場合、日米合同の病理解剖や死因についての共同声明の発表の準備も含め、非常事態対策案を練る」としていた。実際、同年9月に第五福竜丸の久保山無線長(当時40歳)が死亡した際に、日本人医師団は死因を「放射能症」と発表したが、米国は現在まで、「放射線が直接の原因ではない」との見解を取り続けている。[2]

当時の水産庁では、3月から8月に実験区域とその周辺で操業していた船舶を指定5港(塩釜、芝浦、三崎、清水、焼津)に入港させ、船体及び魚について検査を行っている。検査の結果、水爆実験海域とその周辺の要報告区域以外で操業した魚からも放射性物質が検出し廃棄処分となっている。

1954年当時のアメリカは、放射線は海の広さと深さで爆心地から離れると影響は薄まると言いつつ日本産の放射線検出されたマグロの禁輸にした。広い海洋で放射線が薄まるアメリカ原子力委員会の見解に対抗するために、水産庁は1954年5月14日〜7月4日まで俊骨丸をビキニ環礁へ調査派遣し放射線測定器(第五福竜丸展示館に保存展示されている。)での測定、食物連鎖でマグロの内臓に放射線が溜まり高濃度になる事、海流で同じ地域を循環するので放射線の濃い地帯(広さ・深さ)が存在しつづけ、海全体で薄まる事が無い事が証明され、(理研科学映画製作、キャッスル作戦・ビキニ核実験海域の調査船の活動を記録した『俊鶻丸の記録』(しゅんこつまるのきろく)に描かれている。)1955年5月に報告書をまとめ、政府に報告した。[3]

第五福竜丸の被害は日本国内では大きな反響を呼び、大きな反核運動となった。毎年、ブラボー実験のあった3月1日に、ビキニ・デーの反核イベントが催されている。

脚注[編集]

  1. ^ http://www.kochinews.co.jp/rensai04/kaimetsufr.htm
  2. ^ 毎日新聞2005年7月23日「第五福竜丸:『発症原因は放射能ではない』米公文書で判明」
  3. ^ [[http://www.nhk.or.jp/etv21c/file/2013/0928.html 海の放射能に立ち向かった日本人 ~ビキニ事件と俊鶻丸(しゅんこつまる)~]]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]