吉松隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
吉松 隆
基本情報
出生名 吉松 隆(よしまつ たかし)
出生 1953年3月18日(61歳)
日本の旗 日本東京都渋谷区代々木
出身地 日本の旗 日本
学歴 慶應義塾大学工学部中退
ジャンル クラシック
職業 作曲家
活動期間 1975年 -
公式サイト 吉松隆ホームページ
松村禎三など

吉松 隆(よしまつ たかし、1953年3月18日 - )は、日本作曲家東京都渋谷区生まれ。

人物[編集]

幕末維新期の国学者大国隆正の子孫として東京代々木に生まれ育つ。父方の祖父は東宮(のちの昭和天皇)の侍医。幼少時は犬を飼っており、散歩中に発見したがらくたを組み立てることを日課としていたという[1]

慶應義塾高等学校に入学した時は医学部進学を希望していたが、やがて交響曲作家に憧れ志望を変更。慶應義塾大学工学部在学中、松村禎三に弟子入りする。作風において影響は全く受けなかったと隆は自嘲するが、1974年のピアノ独奏曲「シリウスの伴星によせる」(作品番号1)には松村を含む現代音楽の影響が濃厚である。和声対位法を学ぶよう松村に勧められ、東京藝術大学教授の川井学を紹介されたが数ヶ月でレッスン受講を断念。1974年3月には慶応義塾大学を退学した[2]

またこの頃には芸術音楽としての作曲を行う一方、ピンク・フロイドイエスEL&P 等のプログレッシブロックに心酔し、 キーボード奏者としてロックバンドにも参加した。

1975年、松村の紹介で原田力男と出会い、1978年11月28日、原田主催のプライヴェート・コンサートで「忘れっぽい天使」を発表し、作曲家としてデビュー(ただし作曲料は無償だった)。その間、さまざまな作曲コンクールに20回ほど応募してことごとく落選したが、1980年、オーケストラのための「ドーリアン」が交響楽振興財団作曲賞に入選。次いで1981年に「朱鷺によせる哀歌」が現代の音楽展'81で初演され、高い評価を受け、若い世代の作曲家の1人として認知された。なお青島広志の著書『作曲家の発想術』(講談社現代新書、2004年)には、「朱鷺によせる哀歌」で尾高賞を受賞したという記述があるが(p.263)、誤り。吉松本人も自身のサイトで否定している[3]シュトックハウゼンクセナキスなど、無調音楽を中心とする現代音楽の非音楽的傾向に反旗をひるがえし、「現代音楽撲滅運動」と「世紀末抒情主義」を提唱。1984年西村朗と共に世紀末音楽研究所を設立。交響曲、協奏曲など数多くの作品を発表。1998年からイギリスシャンドスとレジデント・コンポーザーの契約を結び、交響曲をはじめとする多くのオーケストラ作品が録音された。

ちなみにトレードマークである髭は交響曲第3番 Op.75の作曲中自室で約3ヶ月作業に没頭していたことから以降はこのままの状態でいこうと決めたという[4]

プログレッシブロックファンでもある吉松は2009年にEL&Pの「タルカス」をオーケストラに編曲、翌年「タルカス〜クラシックmeetsロック」としてCD発売された他、NHK大河ドラマ平清盛の劇中音楽にも採用され話題を呼んだ[5]。コンサートでの反響は「プログレ」ファンと「クラシック」ファンが重なることによるものとの分析もあり、幅広い支持を得る吉松の音楽性を物語る事例としても捉えられる[6]

2013年に室内管弦楽のための作品である「京都によせる小品」が6月に京都駅[7]いずみシンフォニエッタ大阪の委嘱作である交響曲第6番「鳥と天使たち」が7月13日いずみホール飯森範親の指揮により行われた[8]

主要作品[編集]

歌劇[編集]

  • ネオオペラ「セレスタ」 Op.56(1993年

管弦楽曲[編集]

交響曲[編集]

その他の管弦楽曲[編集]

  • シリウス賛歌 Op.2(1974年
  • 鳥獣保護区 Op.4(1976年
  • ドーリアン Op.9(1979年
  • 朱鷺によせる哀歌 Op.12(1980年
  • 弥勒効果 Op.33(1987年
  • アトム・ハーツ・クラブ組曲第1番 Op.70b(2000年)
  • 鳥はふたたび Op.81(2000年)
  • 鳥たちの祝祭への前奏曲 Op.83(2000年)
  • 祝典序曲「鳥たちへのファンファーレ」 Op.90-1(2002年
  • 大学祝典序曲 EX Op.103(2008年
  • 鳥のシンフォニア「若き鳥たちに」 Op.107(2009年

協奏曲[編集]

ピアノ曲[編集]

  • シリウスの伴星によせる Op.1(1974年)
  • レグルス回路 Op.7(1979年)
  • プレイアデス舞曲集英語版 I Op.27(1986年
  • プレイアデス舞曲集 II Op.28(1987年)
  • プレイアデス舞曲集 III Op.35(1988年)
  • プレイアデス舞曲集 IV Op.50(1992年
  • プレイアデス舞曲集 V Op.51(1992年
  • ピアノ・フォリオ(1997年)
  • プレイアデス舞曲集 VI Op.71(1998年)
  • プレイアデス舞曲集 VII Op.76(1999年
  • プレイアデス舞曲集 VIII Op.78a(2000年)
  • プレイアデス舞曲集 IX Op.85(2001年)
  • タピオラ幻景 Op.92(2004年
  • アイノラ抒情曲集 Op.95(2006年
  • ゴーシュ舞曲集 Op.96(2006年)

室内楽曲[編集]

邦楽[編集]

  • 雨月譜 Op.11(1980年) 尺八と十七絃
  • 双魚譜 Op.26(1986年) 尺八と二十絃
  • 「七五三」三部作
    • もゆらの五ツ Op.41(1990年) 二十絃
    • なばりの三ツ Op.54(1992年) 十七絃
    • すばるの七ツ Op.78(1999年) 二十絃
  • 鳥夢舞 Op.69(1997年)
  • 夢あわせ夢たがえ Op.74(1998年) 二十絃、クラリネット、ヴァイオリン、チェロ
  • 星夢の舞(ほしゆめのまい) Op.89(2002年) 横笛、尺八4、篳篥、笙、三味線、琵琶、十三絃4、二十絃2、十七絃2、打楽器2
  • 夢寿歌(ゆめ・ほぎうた) Op.100(2007年)

マンドリンオーケストラ[編集]

  • 虹色機関 Op.53(1993年)

テープ[編集]

  • マーマレイド回路(1984年)

放送・映画音楽[編集]

ポップス[編集]

編曲[編集]

著書[編集]

  • 『魚座の音楽論』音楽之友社(1987年)
  • 『世紀末音楽ノオト』音楽之友社(1994年)
  • 『究極のCD200 クラシックの自由時間』立風書房(1995年) 構成・編著
  • 『アダージョ読本』音楽之友社(1998年) 編著
  • 『図解クラシック音楽大事典』学習研究社(2004年)
  • 『吉松隆の楽勝!クラシック音楽講座』学習研究社(2004年)
  • 『吉松隆の空耳!クラシック名曲ガイド』学習研究社(2005年)
  • 『夢みるクラシック交響曲入門』筑摩書房(2006年)
  • 『西村朗と吉松隆のクラシック大作曲家診断』学習研究社(2007年) 西村朗との共著
  • 『脳科学と芸術』工作舎(2008年) 複数人との共著
  • 『クラシック音楽は「ミステリー」である』講談社(2009年)
  • 『究極のCD200クラシックの自由時間 改訂新版』学習研究社(2010年) 構成・編著
  • 『「運命」はなぜハ短調で扉を叩くのか? 調性で読み解くクラシック』ヤマハミュージックメディア(2010年)
  • 『知識ゼロからの世界の10大作曲家入門』幻冬舎(2012年)
  • 『作曲は鳥のごとく』春秋社(2013年)

受賞歴[編集]

  • 1980年 - オーケストラのための「ドーリアン」で交響楽振興財団作曲賞に入選
  • 2010年 - 映画「ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜」の音楽で日本アカデミー賞優秀音楽賞受賞
  • 2013年 - 大河ドラマ「平清盛」の音楽で日本放送映画藝術大賞 放送部門 最優秀音楽賞受賞

出演[編集]

関連人物[編集]

  • 藤岡幸夫 - 指揮者。隆の作品に惚れ込み、隆の言葉では「悪魔的に」乗り込んできた。多くの作品を初演、録音。特に交響曲第3番は(隆の当初予定にはなかったことだが)藤岡に献呈された曲である。また交響曲第4番の第2楽章の音形には藤岡の名前がある。シャンドスに隆を紹介したのも藤岡とされ、高校と大学を通じての後輩でもある。藤岡は隆に「(今はその域まで達していないが)人生の半分を賭けてもいい」と語るほど入れ込んでおり、隆は藤岡と出会ったことで「新しい右手を得た」と語っている。

出典[編集]

  1. ^ 作曲は鳥のごとく 2013, p. 8.
  2. ^ 作曲は鳥のごとく 2013, p. 75.
  3. ^ 吉松隆. “Q&A vol.04”. 吉松隆 交響曲工房. 吉松隆公式サイト. 2007年12月28日20:08閲覧。
  4. ^ 作曲は鳥のごとく 2013, p. 218.
  5. ^ amazon (2012年11月). “平清盛×吉松隆:音楽全仕事 NHK大河ドラマ《平清盛》オリジナル・サウンドトラック [Limited Edition]”. 2012年11月4日閲覧。
  6. ^ 日本コロムビア (2010年7月). “タルカス クラシック meets ロック 〜吉松隆”. 2012年11月4日閲覧。
  7. ^ 吉松隆 (2013年4月15日). “幻視と幻聴”. 分音符の憂鬱. ニフティ. 2013年4月20日閲覧。
  8. ^ 新・音楽の未来への旅シリーズ いずみシンフォニエッタ大阪 第31回定期演奏会 吉松隆 新作・交響曲第6番!”. いずみホール. 2013年4月20日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]