ルロイ・アンダーソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルロイ・アンダーソン
Leroy Anderson
基本情報
出生 1908年6月29日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国マサチューセッツ州ケンブリッジ
死没 1975年5月18日(満66歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国コネチカット州ウッドベリー英語版
学歴 ハーバード大学
ジャンル 近代音楽
職業 作曲家
公式サイト Leroy Anderson, Official Website - 閉鎖。(2012年9月23日時点のアーカイブ

{{{Influences}}}

ルロイリロイ・アンダーソン(Leroy Anderson、1908年6月29日 - 1975年5月18日)は、アメリカ作曲家。軽快で諧謔性に富んだ曲調の管弦楽曲で知られる。ほとんどの作品はアーサー・フィードラーの指揮するボストン・ポップス・オーケストラによって紹介された。作曲家ジョン・ウィリアムズは「アメリカ軽音楽の巨匠」と評している。

生涯[編集]

スウェーデン移民の両親の許にマサチューセッツ州ケンブリッジにて生まれる。教会オルガニストを務める母親からピアノの手ほどきを受けた。父親は郵便局員であったが音楽好きで、家庭ではマンドリンバンジョーをたしなんでいたという。

地元のハイスクールでラテン語教育を受けた後、1926年ハーバード大学に入学。楽理をウォルター・スポールディングに、対位法をエドワード・バランタインに、和声ジョルジェ・エネスクに、作曲をウォルター・ピストンに学ぶ。ニューイングランド音楽院にも通い、ヘンリー・ギデオンにピアノを、ガストン・デュフレーヌにコントラバスを師事。1929年学士号(音楽)を、1930年には修士号(音楽)を取得して大学を修了し、2年間ラドクリフ大学英語版で教鞭を執るかたわら、バンドマスターダンスホールダブルベース奏者、学生合唱団の指揮者や教会オルガニストなども務める。

1931年から1935年までハーバード大学で言語学の研究員となり、1935年にはゲルマン語スカンジナビア諸語の研究により博士号を授与された。最終的に音楽家として自活することを1942年に決心するまでの間、言語学者としてノルウェー語アイスランド語スウェーデン語デンマーク語オランダ語ドイツ語フランス語イタリア語ポルトガル語の研究を続けていた。

1938年に音楽家としての転機が訪れる。ボストン交響楽団のマネージャーの求めによってハーバード大学の学生歌を編曲して提出したところ、指揮者アーサー・フィードラーの目に止まり、オーケストレーションの能力を激賞された上、自作を書くように求められる。これを機に『ジャズ・ピチカート』を作曲・発表し、聴衆の好感触を得た。続編を要請するフィードラーに応えて今度は『ジャズ・レガート』を作曲した。

1942年米軍に入隊し、第二次世界大戦中はスカンジナビア語担当の情報将校としてペンタゴンで働く。これに先立って結婚するとともに、学業を断念した。朝鮮戦争の際にも軍属として勤務した。

1946年に除隊後、音楽活動に復帰し、最初のヒットナンバー『シンコペイテッド・クロック』を作曲する。これはゴールドディスク賞を受け、ビルボードチャートの11位まで昇った。1950年代にはスタジオ・オーケストラの指揮者として、多大な商業的成功を収める。当時ルロイが指揮した演奏は現在でもCDで聞くことができる。『ブルー・タンゴ』の録音は、器楽曲で初めてミリオンセラーになった。『シンコペイテッド・クロック』は1959年にWCBSにより『ザ・レイトショー』と『Jeopardy』のテーマ音楽に採用されて有名になり、1970年代に入ってミッチェル・パリッシュがこれに詩を付けてからは、その他の作品の多くに歌詞が付けて歌われるようになった。1953年の調査によると、ルロイはアメリカのオーケストラで最もよく演奏されるアメリカ人作曲家であったという。

1957年メレディス・ウィルソンの『76本のトロンボーン』のオーケストレーションを担当する。これに刺激を受け翌1958年ミュージカル『ゴールディロックス』を書いた。同作品はトニー賞を受賞したが、商業的には成功しなかった。ルロイは以後ミュージカルを書かず、管弦楽曲の小品の作曲を続けた。

1975年肺癌のためコネティカット州ウッドベリーの自宅で死去。66歳没。1988年に「作曲家の殿堂」入りを果たす。ルロイの音楽は、今日でもポップス・オーケストラの定番レパートリーとして演奏され続けている。

作曲様式[編集]

学者や教師として活動を続けるかたわら、ダンス・バンドのミュージシャンとして生計を立てた経歴からもわかるように、ルロイは同時代の大衆音楽に明らかに影響されており、特にリズム面においてタンゴサンバラグタイムジャズなどの影響が明らかである。叙情的で旋律中心の作品、たとえば『そりすべり』や『トランペット吹きの子守歌』のような作品では、スコットランド系民謡の特徴であるいわゆるヨナ抜き音階かそれに似た民族音階が使われている。

民族音楽や大衆音楽との接点が表向きは見られないような「舞踏会の美女」の場合でさえも、ワルトトイフェルなどのフランスの舞踏音楽やサティなどの「エール・ド・ヴァルス」(ワルツ形式の歌謡曲)の影響は明らかで、この作品における金管楽器の華々しい活躍はスーザ以降のアメリカの吹奏楽の伝統を思い起こさせる。

ルロイには戦後における冗談音楽のパイオニアという側面も見出され、タイプライター紙やすりのような日用品楽器として、それもしばしば「独奏楽器」として用いている。しかしながら同時代の冗談音楽がともすればクラシックの露悪的なパロディに終始しがちであったのに対して、ルロイの作品は精緻で丹念に仕上げられ、品格を保っている。まじめに書かれた音楽と、およそそれには不似合いな道具の組み合わせとがからくりとなり、自然なウィットやペーソスが引き出されている。

また、ルロイが庶民的・通俗的な音楽語法を用いているために、そのユーモア感覚が誰にでも伝わりやすいという強みもある。たとえば現代音楽の作曲家クシシュトフ・ペンデレツキも作品『Fluorescences』においてタイプライターを取り入れてはいるものの、ルロイほどの効果を上げてはいない。

代表曲[編集]

  • Jazz Legato(「ジャズ・レガート」)、Jazz Pizzicato(「ジャズ・ピチカート」) - 1938年の作品。2曲同時に発表された。
  • Syncopated Clock(「シンコペイテッド・クロック」) - 1946年の作品。
  • Fiddle-Faddle(「フィドル・ファドル」) - 1947年の作品。
  • The Irish Suite(「アイルランド組曲」) - 1947年、ボストンのアイルランド協会の依頼で編曲した作品。
  • Serenata(「セレナータ」) - 1947年の作品。
  • Sleigh Ride(「そりすべり」) - 1948年の作品。
  • A Trumpeter's Lullaby(「トランペット吹きの子守歌」) - 1949年の作品。
  • The Typewriter(「タイプライター」) - 1950年の作品。
  • The Waltzing Cat(「ワルツィング・キャット」または「踊る仔猫」) - 1950年の作品。
  • Plink Plank Plunk(「プリンク・プレンク・プランクまたは「プリンク・プランク・プルンク」) - 1951年の作品。
  • Belle of the Ball(「舞踏会の美女」) - 1951年の作品。
  • Blue Tango(「ブルー・タンゴ」) - 1951年の作品。
  • Song of The Bells(「ベルの歌」) - 1951年の作品。
  • Concerto in C Major for Piano and Orchestra(ピアノ協奏曲ハ長調) - 1953年の作品。
  • Bugler's Holiday(「ラッパ吹きの休日」または「トランペット吹きの休日」) - 1954年の作品。
  • Sandpaper Ballet(「紙やすりのバレエ」) - 1954年の作品。
  • Forgotten Dreams(「忘れられし夢」または「忘れ去られた夢」) - 1954年の作品。
  • Clarinet Candy(「クラリネット・キャンディ」) - 1962年の作品。
  • China Doll(「チャイナ・ドール」)
  • The Penny Whistle Song(「ペニー・ホイッスル・ソング」)
  • Horse and Buggy(「馬と馬車」)
  • Home Stretch(「ホーム・ストレッチ」)
  • Ticonderoga March(「タイコンデロガ行進曲」)

外部リンク[編集]