ウォルター・ピストン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウォルター・ピストン
Walter Piston
基本情報
出生 1894年1月20日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国メイン州ロックランド英語版
死没 1976年11月12日(満82歳没)
学歴 マサチューセッツ芸術学校
ジャンル 近代音楽
職業 作曲家音楽教師

ウォルター・ピストン(Walter (Hamor) Piston (Jr.)、1894年1月20日 - 1976年11月12日)は、アメリカ合衆国作曲家音楽教師

生涯[編集]

メイン州ロックランド英語版出身。祖父はジェノヴァ出身の航海士で元の名をアントニオ・ピストーネといい、アメリカに移民したのを機に、英語風にアンソニー・ピストンと名を改めた。1905年に父ウォルター・ピストン・シニアは、家族連れでボストンに移住した。後の作曲家であるウォルター・ジュニア(以下ピストン)は、ボストンの工業高等学校に進学してエンジニア教育を受けるが、やがて芸術を志すようになり、1912年にそこを卒業してから、マサチューセッツ芸術学校に進み、美術を専攻しながら、建築デザインやアメリカ史を修めた。同窓生キャスリン・ネイソンとは、後にユニテリアン派教会で結婚式を挙げている。

ピストンは弟エドワードと共に、(ヴァージル・トムソンと同じく)ハリス・ショーピアノを学んだことがあったため、1910年代には、ダンスバンドでピアノやヴァイオリンを弾いて自活し、1920年代にはジョルジュ・ロンジー率いる楽団でヴァイオリン奏者を務めたことがある。ピストンは旧師ハリス・ショーの援助で1920年ハーヴァード大学に進学し、アーチボルド・デイヴィソンに対位法を、カノンフーガクリフォード・ヘイルマンに、作曲と音楽史をエドワード・バーリンガム・ヒルに師事し、エドワード・バランタインの和声法上級クラスを履修した。やがて同大学の助手を務めながら教壇に立ち、学生オーケストラを指揮するようになる。また、そのころ海軍の軍楽隊に加わり、さらに多くの楽器の演奏を身につけた。ピストンは米国海軍将校の地位を望んでいたが、軍隊では音楽家として重用されるにとどまった。

ハーヴァード大学を最優等で卒業して程なく、ピストンはジョン・ノウルズ・ペイン記念研究旅行奨学金が授与され、数年間の留学費用として例年1500ドルを授与されることとなった。ピストンはフランス留学を選び、1924年から1926年までパリに滞在した。エコールノルマル音楽院に入学し、ヴァイオリンジョルジュ・エネスコに、作曲をポール・デュカスナディア・ブーランジェに師事、ブーランジェには対位法の薫陶も受けた。この間、イタリアにも訪問している。1925年ヨーロッパで作曲された《フルート、クラリネット、ファゴットのための3つの小品》は、ピストンの最初の出版作品となった。

帰国後はマサチューセッツ州ベルモントに住み、1926年から1960年に引退するまで母校ハーヴァード大学]で教鞭を執った。門人にサミュエル・アドラールロイ・アンダーソンアーサー・バーガーレナード・バーンスタインエリオット・カーターアーヴィング・ファインジョン・ハービソンフレデリック・ジェフスキーハロルド・シャピロらがいる。

1936年CBSの委嘱により、アーロン・コープランドルイス・グルーエンバーグハワード・ハンソンロイ・ハリスウィリアム・グラント・スティルらとともに、同局のラジオ放送向けの新作を手がけることになる。ピストンは、ラジオ番組には小編成のオーケストラが似つかわしいと判断し、《ピアノと室内オーケストラのための小協奏曲》を提出した。翌1937年、《交響曲 第1番》はボストン交響楽団により1938年4月8日に初演される。

指揮者アーサー・フィードラーの求めに応じてボストン・ポップス・オーケストラのために作曲されたのが、ピストンの代表作かつ最も有名なバレエ音楽≪不思議な笛吹き≫にほかならない。シェーンベルク12音技法を学んでからは、オルガン曲≪バッハの名による半音階的練習曲≫を作曲した。第二次世界大戦中はベルモントの空軍に所属し、ファンファーレなどの愛国的な作品を作曲した。

1943年には、コロンビア大学アリス・ディットソン基金の委嘱により《交響曲 第2番》を作曲した。これは翌1944年3月5日ワシントン・ナショナル交響楽団により初演され、ニューヨーク音楽評論家サークル賞を授与された。《交響曲 第3番》と《交響曲 第7番》はピューリッツァー賞に輝き、《ヴィオラ協奏曲》と《弦楽四重奏曲 第5番》によって再びニューヨーク音楽評論家サークル賞を受賞している。

ピストンの著作はいずれも音楽理論書で、『対位法』『管弦楽法』『和声論』の3冊がある。このうち『和声論』は、作曲者の存命中に4版を重ね、今日でも(後に別の執筆者の加筆・変更を経た版が)、和声の教師・学習者に重宝がられている。ピストンの手稿譜は整然と書かれているために、自筆のオーケストラ・スコアがファクシミリで出版されるほどであり、ピストンは著作においても譜例を手ずから書いている。

ピストンは晩年、糖尿病のために視覚]]と聴覚を冒された。妻キャスリンが死去した1976年に、ピストンも心臓発作のためマサチューセッツ州ベルモントの自宅で没した。遺体は火葬されたのち、遺灰がマウント・オーバーン墓地に埋葬されている。

主要作品一覧[編集]

交響曲[編集]

協奏曲・協奏的作品[編集]

  • 弦楽四重奏と管弦楽のための協奏曲
  • ピアノと室内オーケストラのための小協奏曲(1936年)
  • ヴァイオリン協奏曲 第1番(1939年)
  • オルガンと弦楽のための前奏曲とアレグロ(1943年)
  • イングリッシュ・ホルン、ハープと弦楽のための幻想曲(1953年)
  • 2台のピアノのための協奏曲(1958年)
  • ヴィオラ協奏曲(1958年)
  • ヴァイオリン協奏曲 第2番(1960年)
  • ハープと弦楽のためのカプリッチョ(1963年)
  • ヴァイオリンと管弦楽のための幻想曲(1970年)
  • 弦楽四重奏、木管と打楽器のための協奏曲(1976年)

管弦楽曲[編集]

  • 管弦楽のための組曲(1929年)
  • 管弦楽のための協奏曲(1934年)
  • バレエ音楽《不思議の笛吹き》(1938年)
    管弦楽組曲版も存在する
  • 吹奏楽のためのタンブリッジ・フェアー(1950年)
  • 管弦楽のためのセレナータ(1957年)
  • ニューイングランドの3つの情景(1960年)

室内楽・器楽曲[編集]

  • フルート・ソナタ(1930年)
  • ヴァイオリン・ソナタ(1939年)
  • ヴァイオリンとチェンバロのためのソナチネ
  • 弦楽四重奏曲(5曲、1933年 - 1962年)
  • フルート五重奏曲(1942年)
  • ピアノ五重奏曲(1949年)
  • 木管五重奏曲(1956年)
  • ピアノ四重奏曲(1964年)
  • 弦楽六重奏曲(1964年)
  • ピアノのためのパッサカリア(1943年)
  • ピアノ・ソナタ

合唱曲[編集]

  • 詩篇とダヴィデの祈り(1959年)

著作[編集]

  • 『和声論』は現在、次の版を入手することが可能である。
    Walter Piston and Mark Devoto (1987) Harmony. 5th ed. New York: Norton. ISBN 0393954803.
  • 『管弦楽法』戸田邦雄訳 音楽之友社 ISBN 4276106907

外部リンク[編集]