76本のトロンボーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

76本のトロンボーン」(Seventy-six Trombones)は、メレディス・ウィルソンミュージカルミュージック・マン』に使用されている行進曲である。同ミュージカルの代表的な曲の1つであり、2度の映画化のときにも使用されている。

この曲は、主人公である楽器のセールスマンのハロルド・ヒル「教授」がリバーシティの住民に楽器を売ろうとする際、大きいマーチングバンドパレードをする子供の姿を想像させるために歌った曲である。ヒルが説明するバンドは、76本のトロンボーンの他に110本のコルネットや1000本以上の木管楽器などを含む巨大なバンドであり、もし実在すればその隊形は全長150mを越える物となる。

ウィルソンの出身地であるイリノイ州メーソンシティーにある「ミュージックマン・スクエア」と呼ばれるビルの一室には、寄付された76本のトロンボーンが天井から吊るされている。

編曲[編集]

この曲はミュージカルの中で使用されるだけでなく、行進曲として単独で演奏されることもある。

この曲のウィルソン自身による編曲には、スーザの『星条旗よ永遠なれ』や『ワシントン・ポスト』、バグリーの『国民の象徴』などの有名な行進曲の旋律が登場する。

日本においては、1984年にヤマハ音楽振興会から『ニュー・サウンズ・イン・ブラス』の一曲として吹奏楽譜が出版されており、吹奏楽の定番の曲となっている。この編曲にも『星条旗よ永遠なれ』の一節が取り込まれている。