イタリアのハロルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

イタリアのハロルド』(Harold en Italie)作品16は、エクトル・ベルリオーズによって書かれた、4部からなるヴィオラ独奏付き交響曲である。1834年6月に完成した。

作曲の経緯[編集]

以下に書かれている逸話はベルリオーズ自身が『回想録』に記した内容に基づいているが、今日ではその信憑性に疑問が持たれている。

1833年12月22日パリで『幻想交響曲』(1830年初演)を聴いて感動したニコロ・パガニーニは、ヴィオラと管弦楽のための作品を書くようベルリオーズに依頼した。パガニーニは名器ストラディバリウスのヴィオラを手に入れていたが、自分の名人芸を披露するための目ぼしいヴィオラの曲がないため、ベルリオーズに作曲を依頼したのである。当時パガニーニはヴァイオリンヴィルトゥオーソとしてヨーロッパ中を熱狂させており、作曲を依頼されたベルリオーズは大喜びで仕事を引き受けた。当初は、管弦楽と合唱、独奏ヴィオラのための幻想曲「マリー・ステュアートの最期」という作品になる予定であった。

しかし、進行状況を見に来たパガニーニは、独奏ヴィオラのパートが自分の名人芸を披露するには物足りないと落胆した。パガニーニが満足するような曲はとても書けないとあきらめたベルリオーズは、パガニーニに「あなたが満足いくような曲はあなたにしか書けない」と言い、この話はご破算になってしまった。ベルリオーズは途中まで作曲を進めていたこの曲を、パガニーニの意図からは離れ、独奏ヴィオラをともなった交響曲として最後まで完成させることにした。

その初演の4年後、初めてこの作品を聴いたパガニーニは、楽屋のベルリオーズを訪ね、2万フランの大金を「ベートーヴェンの後継者はベルリオーズの他にありません」という賛辞と共に送った。これに感激したベルリオーズは劇的交響曲『ロメオとジュリエット』を作曲し、パガニーニに献呈した。

楽曲の内容[編集]

信憑性はともかく、上述の逸話にあるように『イタリアのハロルド』は、第1楽章ではヴィオラ独奏が活躍するが、楽章が進むにつれヴィオラの出番が少なくなってゆく特異な構成になっている。しかし、副題に「ヴィオラ独奏つきの交響曲」とあるように、第1楽章はソナタ形式、第2楽章は緩徐楽章、第3楽章はスケルツォ楽章である。また、第4楽章は、ベートーヴェン第9交響曲を意識したかのように、それまでの楽章が断片的に回想されるフィナーレである。また、第1楽章で提示される「ハロルドの主題」が全楽章に登場し、主人公を描写するというアイデアは、すでに『幻想交響曲』でも試みられた「イデー・フィクス」(固定楽想)と呼ばれる手法である。以上を考慮すると、この作品はヴィオラ独奏曲と捉えるよりも、標題的な交響曲として捉えた場合の方が、よりベルリオーズの意図にかなっているものと思われる。

なお、ベルリオーズが作曲した唯一のヴァイオリン独奏曲に『夢とカプリス』があるが、演奏機会は稀である。ベルリオーズは、歌曲を除き、そうした独奏曲や室内楽曲をほとんど残さなかった。ピアノ曲に至っては皆無である。これはベルリオーズがピアノを弾くことができなかったためとも考えられるが、むしろそうした作曲姿勢が、彼を管弦楽的な楽想に向かわせ、色彩的な管弦楽法や、合唱を伴った大作にその成果を結集させた一つの要因となっている。

初演[編集]

1834年11月23日パリ音楽院ホールにおいて、ユランのヴィオラ独奏、ジラールの指揮によって行われた。初演には、ユゴーデュマハイネなど文学者や、リストショパンなどの音楽仲間が訪れている。

編成[編集]

構成[編集]

構想はジョージ・ゴードン・バイロンの長編詩「チャイルド・ハロルドの巡礼」の場面に着想を得ている。第1楽章で独奏ヴィオラが提示する「ハロルドの主題」は、『幻想交響曲』における「恋人の動機」(固定楽想)のように、全曲に形を変えて登場する。物語の舞台は、イタリアのアブルッツィ地方であるが、これは、ベルリオーズがローマ賞受賞でのイタリア滞在の際、訪れた地である。

  • 第1楽章「山におけるハロルド、憂愁、幸福と歓喜の場面ト長調
    ゆっくりした序奏と、ソナタ形式による活気あるアレグロ主部からなる。ハロルドのメランコリックでもあり快活な複雑な気分が表される。
  • 第2楽章「夕べの祈祷を歌う巡礼の行列ホ長調
    ハロルドはたそがれ時、巡礼の一行が山の小さな教会で讃歌を歌い、通り過ぎていくのを眺めている。
  • 第3楽章「アブルッチの山人が、その愛人によせるセレナードハ長調
    舞曲的な性格の楽章。毎年クリスマスの頃、アルブッチの山中からローマにやってくる牧童が吹奏する民謡を転用している。
  • 第4楽章「山賊の饗宴、前後の追想ト短調
    山賊の乱痴気騒ぎの合間に前3つの楽章の主題が回想される。やがて、ハロルドは山賊の手にかかって命を落とす。最期は山賊の主題が荒れ狂ってフィナーレとなる。独奏ヴィオラはもうほとんど登場しなくなってしまう。

演奏[編集]

ベルリオーズは生前、自身の指揮により何度かこの作品を演奏している。また、ブラームスがドイツでこの作品を指揮しているという興味深い事実もある。しかし、ヴィオラ独奏つき交響曲という特殊な演奏形態や、『幻想交響曲』に比して素朴な楽想のため、『幻想交響曲』のような一般的な評価を得るには至らなかった。また、ヴィオラ自体がある時期まで独奏楽器としては存在感のなかった楽器だったため、20世紀に入ってもこの曲の演奏機会は稀であった。

初録音は1944年ウィリアム・プリムローズのヴィオラ、セルゲイ・クーセヴィツキーの指揮、ボストン交響楽団の演奏で行われた。プリムローズはこの曲の演奏が珍しかったこの時代、アルトゥーロ・トスカニーニにこの曲を完璧に手の内に入れておくよう言われ、それ以降、この曲の演奏の初期のスペシャリストとして活躍した。トスカニーニ自身も、1929年から1953年の間に5回もコンサートで取り上げている(うち2回がプリムローズとの演奏)。

最近では、エリアフ・インバルシャルル・デュトワコリン・デイヴィスらの録音が有名である。

日本初演は1953年9月7日渡邉暁雄(指揮)、河野俊達(ヴィオラ)と東京フィルハーモニー交響楽団により行われた。それ以前にも明治期から、欧米在住の日本人の中にとっては接する機会があった。例えば永井荷風は明治41年(1908年)にリヨン歌劇場で聴いた事を記しており(「西遊日誌抄」)、また小説「ひとり旅」(「ふらんす物語」所載)の中でこの作品について詳細に触れている。