ロメオとジュリエット (ベルリオーズ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

劇的交響曲『ロメオとジュリエット』(Roméo et Juliette作品17エクトル・ベルリオーズが作曲した交響曲。「合唱、独唱、および合唱によるレチタティーヴォのプロローグ付き劇的交響曲」(symphonie dramatique)と銘打っている通り、大編成のオーケストラに独唱、合唱をともなう大規模な作品である。シェイクスピアの悲劇『ロメオとジュリエット』を題材とする。

概要[編集]

1839年に作曲され、同年11月24日パリ音楽院のホールにおいてベルリオーズ自身の指揮で初演され、成功を収めた。その後、7年かけてベルリオーズは改訂を加えて現行版とした。

歌詞はフランス語で、最初にベルリオーズ自身がシェイクスピアの戯曲に基づいて散文で書き、詩人エミール・デシャン(Émile Deschamps)が韻文に改めたものである。ただし、実際に声楽が入るのは第1部と第4部の「ジュリエットの葬送」およびフィナーレのみで、あとは作曲者が自由に情景を取捨選択し、標題音楽として器楽のみで表現している。また第4部のスケルツォは本編とは関連を持たず、間奏曲として位置づけられている。

この作品全体の構成として、ベルリオーズは様式的な統一を意図的に図っていない面がある。交響曲と銘打っている点では、ベートーヴェン第9交響曲で取り入れられた声楽付き交響曲を踏襲していると考えられる。しかしこの作品では、その規模や様式がさらに拡大されており、管弦楽による標題音楽的な描写(第2部、第6部に顕著)、オラトリオグランド・オペラを思わせる終曲、歌曲を思わせるストローフなど、捉え方によっては、作品全体に複数の様式が混在しているかのような印象も受ける。こうした点に対する評価は様々であるが、この作品の独創性を高めている大きな要素となりえている。

第3部では、ワーグナーが「今世紀における最も美しいフレーズ」と評したように、ベルリオーズの一連の作品の中でも、旋律美がひときわ際立っている。しかしその一方で、部分的に作曲者の書法の不手際が見受けられるという意見もあり、ワーグナーもその点は「全く素晴らしい旋律の間に屑の山が積みあげられている」と評している。

そうした難点を超えて、むしろ前衛性が際立っている部分も見受けられる。特に第6部では、フェルマータを伴う全休譜による頻繁な休止、無調を思わせるかのような旋律、強弱の急な変化、断片的な構成など、当時としては実験的ともいえる響きも現れる。この第6部に関して、作曲者は「精選された聴衆の前で演奏されるのでなければ省略されなければならない」と語っている。また、エリアフ・インバルは「ジュリエットの死の場面の休止はウェーベルンの前兆を示している」と述べている[1]

幻想交響曲」ですでに顕著だった斬新な管弦楽法は、本作で目覚しい効果を挙げている。特に第4部「マブの女王のスケルツォ」において作曲者は、名人芸的なパッセージを当時のナチュラル・ホルンに要求している。こうした演奏効果を完全に実現するのは、そうした当時の楽器では難しく、演奏法の観点からしても要求の多い作品だったことが伺える[2]

その長大さと編成の大規模さのため、抜粋で(主として管弦楽のみの部分が)演奏される場合もしばしばある。

楽器編成[編集]

フルート2(1人はピッコロ持ち替え)、オーボエ2(1人はコーラングレ持ち替え)、クラリネット2、ファゴット4、ホルン4、トランペット2、コルネット2、トロンボーン3、チューバオフィクレイド(またはチューバ)、ティンパニ2対、大太鼓シンバル、アンティーク・シンバル、トライアングル2、タンブリン2、ハープ2、弦五部(第1ヴァイオリン、第2ヴァイオリン各15以上、ヴィオラ10以上、チェロ14以上、コントラバス9以上)、アルト独唱、バス独唱、合唱84人以上

構成[編集]

全体は大きく7部からなる。演奏時間は約1時間33分。

第1部「序奏」 
  • 争い、騒動、領主の仲裁:管弦楽のみ
    Allegro Fugato
  • プロローグ:コントラルトと小合唱「眠っていた古い憎しみが」
    Moderato - Allegro - Moderato - Andante con molto ed appassionato assai
  • ストローフ:コントラルト「忘れようがない、はじめての熱狂よ」
    Andante avec solennite
  • レチタティーフとスケルツェット:
    • テノールと小合唱「まもなくロメオは物思いに沈んで」
      Moderato - Allegro mesure  
    • テノールと小合唱「マブよ、夢のお遣い」
      Allegro leggiero
    • 小合唱「やがて死が統べ括り」
      Andante 
第2部

管弦楽のみ

  • ロメオただ一人、哀しみ、遠くから聞こえてくる音楽会と舞踏会、キャピュレット家の饗宴
    Andante malinconico e sostenuto - Allegro - Larghetto espressivo - Allegro
第3部「愛の場面」

管弦楽のみ

  • 静かに晴れた夜 - 音も人影もないキャピュレット家の庭 - キャピュレット家の若者たちが、宴の間を出て、舞踏会の音楽を思い思いに口ずさみながら通り過ぎる。
    Allegretto
  • 愛の場面
    Adagio - Animato - Allgro agitato - Adagio
第4部 「愛の妖精の女王マブ」

管弦楽のみ

  • スケルツォ
    Prestissimo - Allegretto - Tempo I un poco piu presto - Prestissimo - Presto, ancora piu animato 
第5部 「ジュリエットの葬送」
  • キャピュレット家の合唱「花を撒け、みまかれる処女のために!」
    Andante non troppo lento
第6部 「キャピュレット家の墓地におけるロメオ」

管弦楽のみ

  • 祈り、ジュリエットの目覚め、忘我の喜び、絶望、いまはの苦しみと愛しあう二人の死
    Allegro agitato e disperato - Allegro vivace ed appassionato assai - L'istesso tempo, un poco animato
第7部 「終曲」
  • 人々は墓地に駆けつける:モンタギュー家の人々の合唱「何だと! ロメオが戻った! ロメオが!」 
    Allegro - Molto piu Lento
  • ロレンス神父のレチタティーフとアリア:ロレンス神父と合唱「わたしが不思議をといて進ぜよう」
    Allegro non troppo - Allegro - Un poco meno allegro - Andantino
  • ロレンス神父と合唱「かわいそうな御子たちを悼んでわたしは泣く」
    Larghetto sostenuto - Allegro non troppo - Andante maestoso
  • キャピュレット家とモンタギュー家の口論:合唱「だが私たちの血が彼らの剣を赤く染めている」
    Allegro
  • ロレンス神父の祈り:ロレンス神父、合唱「黙りなさい!」
    Allegro - Allegro moderato,una misura eguale a due misure del tempo precedente
  • 和解の誓い:ロレンス神父、合唱「では誓いなさい。神聖な御印にかけて」
    Andante un poco maestoso

参考文献[編集]

脚注・参考[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1989年発売のCD:CO-3207解説書に記載。(ジル・マカサーのインタビューによる 訳:井上さつき)
  2. ^ 「ブーレーズは語る 身振りのエクリチュール」(著:ピエール・ブーレーズ、聞き手:セシル・ジリー、訳:笠羽映子)p.53,69

外部リンク[編集]