韻文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

韻文(いんぶん)とは、聴覚に一定の定まった形象を感覚させる一定の規則韻律)に則って書き表された散文反意語。多くにおいて用いられる。

一定のリズムを持ち、暗誦されるのに適しているため、古代から神話歴史の叙述に用いられてきた。俳句和歌漢詩連歌連句四行詩脚韻詩などの韻文詩なども韻文に含まれる。

形成要素[編集]

韻律の要素言語文化背景、あるいは韻文の形式により異なる。日本語フランス語では時間単位であるモーラ(拍)もしくは音節が一定数反復されて韻文を構成する。さらに多くの言語では、音節の長短(古典ギリシャ語ラテン語)、アクセント英語ドイツ語)、声調中国語平仄)などに関して一定のパターンが定められている。

韻文を構成するもう一つの要素が押韻である。日本語の韻文では押韻はほとんど意味を持たないが、西欧や中国をはじめとして世界の多くの韻文では、押韻、特に脚韻が重要な要素であって、韻律との組み合わせによって韻文を構成する。古英語などゲルマン語の古い韻文では、頭韻も重視された。

中国の韻文[編集]

中国文学における韻文とは押韻を伴うことを特徴とする文体のことでもある。これは散文駢文に対立する。代表的な韻文である以外にも辞賦頌・賛・箴・銘・哀・誄などが挙げられる。