モントリオール交響楽団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モントリオール交響楽団
Orchestre symphonique de Montréal
本拠地のシンフォニー・ハウス(Maison symphonique de Montréal)}
本拠地のシンフォニー・ハウス
(Maison symphonique de Montréal)
基本情報
出身地 カナダの旗 カナダ ケベック州モントリオール
ジャンル クラシック音楽
活動期間 1935年 -
公式サイト www.osm.ca
メンバー
音楽監督
ケント・ナガノ

モントリオール交響楽団(-こうきょうがくだん、: Orchestre symphonique de Montréal、略称OSM)はケベック州モントリオールを拠点とするカナダオーケストラである。

概要[編集]

この名称の音楽団体は、1897年1930年にも設立されているが、現在の団体とは直接的な関連はない。現在の団体は、ウィルフリード・ペルティエ(Wilfrid Pelletier)により1935年に結成された「交響楽団」(Les Concerts Symphoniques)にさかのぼり、1954年から現在の楽団名に改名された。1960年代にモントリオールの慈善事業家ジョン・ウィルソン・マッコネルより、コンサートマスターのために1727年製のストラディヴァリウスが寄贈されている。

歴代首席指揮者にはイーゴリ・マルケヴィチズービン・メータなどが名を連ねている。1977年シャルル・デュトワが音楽監督に就任し、磨き抜かれた美しい響きと確かな技術を獲得して、「フランスのオーケストラよりフランス的なオーケストラ」と呼ばれ、世界的な名声を獲得した。現在では世界有数のオーケストラの一つに数えられている。同楽団の代表的名盤として、仏ディスク大賞及びモントルー国際レコード賞に輝いたラヴェルの《ダフニスとクロエ》、グラミー賞にも輝いたベルリオーズの《トロイアの人々》の録音などがある。しかし2002年に楽団員との対立により、デュトワは辞任。幹部・理事会からは辞任を惜しむ声が出たが、ケベック音楽家ユニオンは修復不可能なほど関係がこじれてしまった旨を明らかにしている。

労組が交渉の際に契約期限に譲歩をしてから数ヵ月後の2005年5月10日に、楽団員がストライキを決行し、《聖者の行進When The Saints Go Marching In 》を演奏しながら立ち去った。

2006年にケント・ナガノが音楽監督に就任した。

主な歴代首席指揮者・音楽監督[編集]

外部リンク[編集]