エルネスト・アンセルメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エルネスト・アンセルメ
Ernest Ansermet
}
基本情報
出生名 Ernest Alexandre Ansermet
出生 1883年11月11日
スイスの旗 スイス ヴォー州
リヴィエラ=ペイ=ダノー郡 ヴェヴェイ
死没 1969年2月20日(満85歳没)
スイスの旗 スイス ジュネーヴ州 ジュネーヴ
学歴 ソルボンヌ大学
パリ大学
ジャンル クラシック音楽
職業 指揮者
活動期間 1910年 - 1967年
Ernest Ansermet and Wilhelm Kempff (1965) by Erling Mandelmann.jpg

エルネスト・アレクサンドル・アンセルメErnest Alexandre Ansermet, 1883年11月11日 - 1969年2月20日)は、スイス指揮者数学者

人物・来歴[編集]

アンセルメは、スイス西部のフランス語圏にあるレマン湖畔の町ヴヴェイに生まれた。父は幾何学の学者であったこともあり、彼もパリソルボンヌ大学パリ大学で数学を学んだ後、数学者としてローザンヌの大学の数学の教授になった。

しかし、音楽好きの母親の影響から、ローザンヌで3歳年上の新進作曲家であったエルネスト・ブロッホについて音楽の勉強をはじめた。作曲家としてもいくつかの作品を残している他、 ドビュッシーの『6つの古代碑銘』をオーケストラ編曲し、譜面はデュラン社から出版されている。

数学者として生きるべきか音楽に進むべきか一時は迷い、1909年ベルリンを訪れて、指揮者のニキシュワインガルトナーに助言を求め、ようやくアンセルメは指揮者としてたつ決心を固めた。

1910年、アンセルメはモントルーで指揮者としてデビューした。この時のプログラムは、ベートーヴェンの『運命』を中心としたものであった。このコンサートがきっかけとなり、アンセルメはモントルーのクア・ザールの指揮者となる。

指揮者となったアンセルメは、モントルーのカフェでストラヴィンスキーと運命的な出会いをして意気投合した。ストラヴィンスキーは当時まだスイスのローカルな指揮者に過ぎないアンセルメを、第一次世界大戦のためスイスに疎開していたディアギレフに紹介した。モントゥーの後任を探していたディアギレフにとってはまさに渡りに舟で、彼は1915年のロシア・バレエ団(バレエ・リュス)によるジュネーヴ公演の指揮者としてアンセルメを指名した。ディアギレフは、アンセルメをアメリカ公演の指揮者としても指名し、ついに専属指揮者とした。

彼がバレエ・リュスで初演を担当した作品にはプロコフィエフの『道化師』、ファリャの『三角帽子』、サティの『パラード』などある。

他にストラヴィンスキーの数多くのスイス時代の作品を初演し、マルタンオネゲルなどスイスの作曲家たちの作品を頻繁に取り上げた。なおこれらの活動の多くは、1918年にジュネーヴに創設したスイス・ロマンド管弦楽団によってなされた。

スイス・ロマンド管弦楽団は、設立当初は財政的に不安定であった。1930年代はじめには一時活動休止にまで追い込まれている。しかし、1938年にローザンヌのスイス・ロマンド放送のオーケストラを吸収合併し、当時成長をはじめた放送局のオーケストラとして財政的にも安定すると、一気に活動も活発となり、多くの名指揮者を客演として招聘するようになる。ブルーノ・ワルターフルトヴェングラーカール・シューリヒト(ヴヴェイに住んでいた)などが積極的に招かれている。フルトヴェングラーは、1944年1月17日ローザンヌ、1月19日ジュネーヴで客演した(後にスイスに亡命)。カール・シューリヒトとは、第2次世界大戦前から親交があったが、アンセルメが終戦の前年に彼をスイス・ロマンド管弦楽団に客演を依頼して、ドイツから亡命する手助けをした。終戦後数年にわたって、このオーケストラへの客演がシューリヒトの主な活動となった。

戦後、イギリスのレコード会社英デッカと専属契約を結んだアンセルメとスイス・ロマンド管弦楽団は、かつてディアギレフの元で演奏したバレエ音楽、親交のあったラヴェルルーセルなどの作品をはじめ、ストラヴィンスキーの作品など、網羅的に録音をする機会を得た。それらは、アンセルメのホームグラウンドとなったジュネーヴのヴィクトリア・ホールで行われた。但しこのホールは録音のための部屋がなく、レストランの厨房をコントロール・ルームとして行うなど、難しい面もあったようだ[独自研究?]

放送用のスタジオは別にスイス・ロマンド放送にあった。ここでは映像をはじめとするアンセルメの多くの演奏が収録されているが、膨大なアーカイブが存在すると言われている。現在ではアンセルメの名前がついている(しかし、ヴィクトリア・ホールは1980年代に火災に遭い、オルガンなどを消失してしまった)。

英デッカの録音によりアンセルメは世界的に名声を得た。サン=サーンス『オルガン付』交響曲や、オネゲルの『ダヴィデ王』などは当時ベストセラーとなった。ストラヴィンスキーの3大バレエをはじめ、ファリャのバレエ音楽など彼らが世に紹介し、広めてきた音楽のその演奏が多くの人々に支持されたことによって、アンセルメとスイス・ロマンド管弦楽団は第一級の「売れる」オーケストラとなっていった。

又、アンセルメ自身数学者ということもあり、英デッカのステレオ録音開始に於いても多大な協力をし、1954年5月13日から録音されたリムスキー=コルサコフ作曲の交響曲第2番「アンタール」は、同社初のステレオの実用化試験録音となった。又、その開始に於いても、前日のリハーサルの実験録音のプレイバックを聞いて、「文句なし。まるで自分が指揮台に立っているようだ。」というアンセルメの鶴の一声で、その開始が決定したという[要出典][1]

アンセルメはザッハーなどとともに、同時代の作曲家たちと親交を深め、その音楽の普及に努めたが、その中にはシェーンベルクなどの十二音音楽や、ヴァレーズなどのような前衛的な音楽、無調音楽は含まれていない。作曲家でもあったアンセルメは著書「人間の知覚における音楽の原理」(Les Fondements de la Musique dans la Conscience Humaine )の中で、シェーンベルクの音楽語法が誤っていて不合理であると証明しようと試みた。

長年の友人ストラヴィンスキーとはそれまでも意見が対立しないわけではなかったが、十二音音楽批判がきっかけで絶交してしまう。ストラヴィンスキーが十二音技法を自作の中に取り入れたことが原因であったが、この絶交はアンセルメに深い後悔をもたらしたようである[独自研究?]晩年、スイス・ロマンド管弦楽団で、ストラヴィンスキーの作品を集中的に取り上げた際、「けんかをするには歳をとりすぎた」と招待状をストラヴィンスキーに送り、関係の修復を望んだアンセルメであったが、その演奏会にストラヴィンスキーはついに姿を見せなかったという[要出典]

アンセルメはスイス・ロマンド管弦楽団に半世紀にわたって君臨した。1964年にはNHK交響楽団の指揮者として初来日し、1968年にはスイス・ロマンド管弦楽団とともに再来日している。もっとも来日公演の評判はあまりよくなく、「アンセルメ=スイス・ロマンドの名演はデッカ・レコードの録音の魔術による」と評する評論家も出るほどであった。1967年にスイス・ロマンド管弦楽団の常任指揮者を引退し、後任の指揮者として、スイスに帰化した作曲家でベルン交響楽団の音楽監督であったパウル・クレツキを指名した。そして1年あまり経った1969年2月20日ジュネーヴにて亡くなった。

アンセルメの死後、スイス・ロマンド管弦楽団は低迷したと言われる[誰によって?]それは後任として期待されたクレツキが、アンセルメが決して取り上げなかったマーラーを取り上げるなど、新機軸を打ち出そうとしたが、わずか3年でその任を離れたことなどによるのかも知れないが、スイス・ロマンド管弦楽団にアンセルメのイメージを求め過ぎたことによるかもしれない。なぜかドイツ系の音楽監督が多く就いている(ドイツ人指揮者が豊富な時代ではないにも関わらず)ことも路線の迷いを感じさせる[独自研究?]音楽之友社刊「世界のオーケストラ123」のスイス・ロマンド管弦楽団の項では、「長年にわたって強烈な個性をもった指揮者に率いられたオーケストラは、しばしば後任に反対の性格の指揮者を選ぶ傾向がある」と述べられている。

演奏会[編集]

録音[編集]

デッカ社から多くのレコードがリリースされている (その後CD化されているものも多く存在する)。

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 同音源は現在日本のユニバーサルミュージックからCD番号:UCCD-6035にて発売されている。又、同CDのライナーノーツには、この時の実用化試験録音開始に際して、当時録音を担当をしていたロイ・ウォーレスによる文が掲載されている。尚、この曲を含んで少なくともLP3枚分行われたこの時の録音セッションは翌月初めまで続いたものの、これらの録音の各曲の詳細な録音日についてのデータは残っていない為、英デッカではこの時に行われた録音のデータについては全て「1954年6月録音」と表示している。