フェリックス・ワインガルトナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フェリックス・ワインガルトナー
Felix Weingartner
}
基本情報
出生名 Edler Felix Paul Weingartner von Münzberg
出生 1863年6月2日
オーストリア帝国の旗 オーストリア帝国ザーラ
死没 1942年5月7日(満78歳没)
スイスの旗 スイスヴィンタートゥール
ジャンル クラシック音楽
職業 指揮者作曲家
担当楽器 指揮
活動期間 1891年 - 1936年
レーベル EMI

エドラー・フェリックス・パウル・ワインガルトナー・フォン・ミュンツベルクEdler Felix Paul Weingartner von Münzberg, 1863年6月2日ザーラオーストリア帝国ダルマチア。現・クロアチア) - 1942年5月7日ヴィンタートゥール)は指揮者作曲家ユダヤ系。標準ドイツ語の発音に近い「フェーリクス・ヴァインガルトナー」と表記される場合もある。

生涯[編集]

4歳の時に父親の死去により、一家とともにグラーツに移る。グラーツ時代から音楽の勉強を始め、音楽評論家エドゥアルト・ハンスリックの知己を得て、1881年にハンスリックの推薦でライプツィヒ大学に入学。初めは哲学を専攻するが、程なく音楽に身を投じグラーツ、ライプツィヒヴァイマルの各音楽院で学んだ。ヴァイマルではフランツ・リストの弟子となった。1882年にはリストの推挙を受け、彼の作品を上演する機会に恵まれたが、安定した生活を求めて作曲家から指揮者に転じた。

1885年ケーニヒスベルク、次いでダンツィヒハンブルクの各歌劇場の指揮者となる。1889年マンハイム国民劇場のホーフカペルマイスター、1891年にはベルリン宮廷歌劇場(現、ベルリン国立歌劇場)の首席指揮者となり、1898年まで務めた。1908年にはグスタフ・マーラーの後任としてウィーン宮廷歌劇場(現、ウィーン国立歌劇場)とウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(当時は常任指揮者制)の音楽監督に就任した。歌劇場の方は3年で辞任(後に1934年1936年のシーズン音楽監督に復帰している)したが、ウィーン・フィルの常任は1922年まで続いた。途中、1919年にはウィーン・フォルクスオーパーの音楽監督も兼ねた。

1934年から1936年にはザルツブルク音楽祭にも出演した。また、1898年以降イギリスのオーケストラにしばしば客演し、南北アメリカにも単身渡米での客演やウィーン・フィルとのツアーで訪れている。1937年朝日新聞と日墺協会の招聘で、4度目の夫人(3度目とする書物もある)で指揮の弟子でもあったカルメン・テューダーとともに来日、夫婦で新交響楽団(現在のNHK交響楽団)を指揮した。ナチの勢力拡大とともにパリに逃れ、第二次世界大戦勃発直前にロンドンへ向かい、最後はウィーン辞任後定住していたスイスに戻り、1942年5月7日にヴィンタートゥールの病院で亡くなった。

弟子にはハンス・スワロフスキーヨーゼフ・クリップスシクステン・エッケルベリクルト・ヴェスゲオルク・ティントナー等がいる。

レコーディング[編集]

1937年の訪日時

ワインガルトナーの初レコーディングは、1910年に自作の歌曲を、3番目の夫人(諸説ある)でもあるソプラノ歌手ルシール・マルセルの共演を得て録音したのが最初である。1923年にはオーケストラを指揮してのレコーディングを開始。以後、ワインガルトナーの残した録音は、米コロムビアに残した若干数を省くとすべてEMI(英コロムビア時代も含める)からのリリースである。1999年に、新星堂東芝EMIの企画で、ワインガルトナーのEMI録音をすべて網羅した24枚組のCDセットを販売した他、現在では、代表的な録音がナクソス・ヒストリカルやオーパス蔵から異なる趣向の音質でもリリースされている。

管弦楽組曲第3番(1939年
合奏協奏曲Op.6-5(1939年、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
合奏協奏曲Op.6-6(1939年、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団)
歌劇「アルチーナ」抜粋(1939年)
ボッケリーニのメヌエット1931年
おもちゃの交響曲1931年4月7日、ブリティッシュ交響楽団)
交響曲第39番1923年1928年1940年
アイネ・クライネ・ナハトムジーク
交響曲全集
第1番1937年10月19日ウィーン・フィル
第2番1938年3月2日ロンドン交響楽団
第3番1936年5月22日23日、ウィーン・フィル)
第4番1933年11月13日14日ロンドン・フィル
第5番1932年3月17日18日、ブリティッシュ交響楽団)
他に1924年1927年1930年にもレコーディングをしている
第6番1927年1月18日19日、(旧)ロイヤル・フィル
第7番1936年2月24日 - 26日、ウィーン・フィル)
他に1923年1927年にもレコーディングをしている
第8番1936年2月26日、ウィーン・フィル)
他に1923年にもレコーディングをしている
第9番1935年2月2日 - 4日、ウィーン・フィル)
いわゆる「ワインガルトナー版」と呼ばれる校訂版であり、弦をはじめ一部のパートのオクターブを高く移動し、作曲当時の楽器の性能による制限にとらわれず高音部においても動機を自然な形で再現しているが、現在はあまり省みられない。
他に1926年にもレコーディングをしている。1926年盤は歌詞が英語で歌われている。
ハンマークラヴィーア」管弦楽編曲版(1930年3月26日 - 31日、(旧)ロイヤル・フィル)
三重協奏曲(Vn:リカルド・オドノポソフ、Vc:ステファン・オーベル、Pf:アンヘリカ・モラレス1937年10月20日21日、ウィーン・フィル)
ピアノ協奏曲第3番1939年6月10日、Pf:マルグリット・ロンパリ音楽院管弦楽団
プロメテウスの創造物」序曲(1933年11月14日、ロンドン・フィル)
エグモント」序曲(1937年10月19日、ウィーン・フィル)
「エグモント」間奏曲第2番、"クレールヒェンの死"(1938年10月7日、ロンドン・フィル)
フィデリオ」序曲(1938年10月7日、ロンドン・フィル)
献堂式」序曲(1938年10月7日、ロンドン・フィル)
アテネの廃墟」序曲(1940年2月29日、ロンドン響。ワインガルトナー最後のレコーディング)
11のウィーン舞曲WoO.17(ベートーヴェンの真作かどうか疑わしい)(1938年10月7日・8日。ロンドン・フィル)
交響曲全集
第1番
第2番
第3番
第4番
大学祝典序曲(1940年2月29日、ロンドン響)
ハイドンの主題による変奏曲
ロザムンデ」間奏曲第3番(1928年5月3日、バーゼル管弦楽団)
幻想交響曲1925年
歌劇「トロイ人」トロイ人の行進(1939年)
ピアノ協奏曲第1番第2番1938年、Pf:エミール・フォン・ザウアー、パリ音楽院管)
前奏曲
魔弾の射手」序曲(1927年1931年、パリ交響楽団。映像)
交響曲第3番
神々の黄昏」より『ジークフリートのラインの旅』、『ジークフリートの葬送行進曲』(パリ音楽院管)
春の声」(1931年4月8日、ブリティッシュ響)
「千一夜物語」(1931年4月8日、ブリティッシュ響)
「無窮動」(1929年5月3日、バーゼル管)
ピチカート・ポルカ」(1929年5月3日、バーゼル管)
酒・女・歌」(1929年5月3日、バーゼル管。1939年7月22日、パリ音楽院管)
美しく青きドナウ」(1927年1月28日1月30日、(旧)ロイヤル・フィル)
天体の音楽」(1930年4月1日、(旧)ロイヤル・フィル)

作曲家としてのワインガルトナー[編集]

7曲の交響曲管弦楽曲、いくつかのオペラ室内楽などが残され、交響曲や管弦楽曲、室内楽曲には録音も存在する。師であったライネッケや曲を演奏会で積極的に取り上げたブラームスの影響を多分に受け、時代からすれば比較的明快な和声と堅固な構成に支配された作品が多数を占める。特に交響曲では1、3、4番などに見られるような、牧歌的なものが多くを占めるのも特徴である。一方で、同じユダヤ系で同じ名前を持つメンデルスゾーンの作風との類似も指摘されている。 現在録音されたワインガルトナーの作品のうち主だったものはバーゼル交響楽団マルコ・レトーニャが指揮しcpoレーベルに録音した交響曲、管弦楽曲集である。この一連の録音によって、少しずつではあるが作曲家としての再評価がなされている。

主な作品[編集]

作曲[編集]

オペラ
  • 『シャクンタラ』作品9(1884)
  • 『マラウィカとアグニミトラ』作品10(1886)
  • 『ジェネシス』作品14(1892)
  • 『カインとアーベル』作品54(1914)
  • 『小人夫人』作品57(1916)
  • 寺子屋』作品64(1920)
  • 『親方アンドレア』作品66(1919)
  • 『背教者』作品72
交響曲
  • 第1番ト長調 作品23(1898)
  • 第2番変ホ長調 作品29
  • 第3番ホ長調 作品49 『オルガン付き』(1908-1910)
  • 第4番ヘ長調 作品61
  • 第5番ハ長調 作品71
  • 第6番『悲劇的、1928年11月19日を偲んで』ロ短調 作品74(第2楽章はシューベルトの「未完成」の第3楽章のスケッチを下敷きにしたもの)
  • 第7番ハ長調 作品87(1935-7)
室内楽
  • ヴァイオリンとピアノのためのソナタ第1番ニ長調op42-1
  • ヴァイオリンとピアノのためのソナタ第2番嬰ヘ短調op42-2
  • 折りふしの綴り~ピアノのための8つの小さな叙情的描写op4
その他
  • 「フジヤマ」(山部赤人和歌による)
  • 歌曲「羊飼いの日曜日の歌」
  • 歌曲「春の幻影」

編曲[編集]

  • ベートーヴェン:「ハンマークラヴィーア」
  • ベートーヴェン:「大フーガ」Op.133
  • ウェーバー:「舞踏への招待」
  • シューベルト:交響曲ホ長調D.729
  • シューベルト:「夜と夢」

著作[編集]

  • 『闘争の一生 ワインガルトナア自伝』(大田黒元雄訳)第一書房、1940年
  • 『ある指揮者の提言 ベートーヴェン交響曲の解釈』(糸賀英憲訳)音楽之友社、1965年  

参考文献[編集]

  • 高橋昭「フェリックス・ワインガルトナー 著書と論文そして世界初の全曲録音とベートーヴェンの交響曲の前人未到の業績」『クラシック 続・不滅の巨匠たち 忘れえぬ名演奏家96人』音楽之友社、1994年。
  • 歌崎和彦『証言/日本洋楽レコード史(戦前編)』音楽之友社、1998年。
  • 新忠篤「大指揮者ワインガルトナーの録音を辿って」『ワインガルトナー大全集 ライナーノーツ』新星堂、1999年。

ポスト[編集]

先代:
カール・ムック
(総監督)
ベルリン宮廷歌劇場
楽長
1891 - 1908
次代:
リヒャルト・シュトラウス
(総監督)
先代:
ラウル・マーダー
ウィーン・フォルクスオーパー
総監督
1919 - 1924
次代:
レオ・ブレッヒ