酒、女、歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

酒、女、歌』(さけ、おんな、うた、Wein, Weib und Gesang)作品333は、ヨハン・シュトラウス2世が1869年頃、作曲したワルツ。長大な序奏が全体の半分近くを占める異色作だが、実際は大部分をカットして序奏末尾のマーチ部分から演奏されることが多い。