フランツ・シャルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランツ・シャルク
Franz Schalk
}
基本情報
出生 1863年5月27日
オーストリア帝国の旗 オーストリア帝国ウィーン
死没 1931年9月3日(満68歳没)
オーストリアの旗 オーストリア、Edlac
職業 指揮者作曲家

フランツ・シャルクFranz Schalk, 1863年5月27日 - 1931年9月3日)は、オーストリア指揮者作曲家

生涯[編集]

シャルクは、19世紀末期から20世紀初頭に活躍した生粋のオーストリア・ウィーンの指揮者である。兄はピアニストヨーゼフ・シャルク。兄弟揃ってウィーン楽友協会音楽院アントン・ブルックナーに従事し指揮法作曲学を学ぶ。

後にシャルクがブルックナーの一般普及を目差し改変した版が知られている。19世紀末期はブルックナーの音楽に対する拒絶反応が強く更に認知度も低く曲自体が冗長過ぎるとの批判を受けていたため、スコアを短縮や編曲したものを公刊(シャルク版)した。現代においてシャルク版は、原典版を無視した改悪との批判を受けているが、これは当時の状況に合わせてシャルクなりにブルックナーを普及させようとして行ったものであると考えられる。

ハイドンモーツァルトベートーヴェンシューベルトリヒャルト・シュトラウス等の作品の演奏を得意とした反面、ストラヴィンスキー等の現代音楽は不得意で観客の評判も芳しくなかったと伝えられている。

シャルクは、リヒャルト・シュトラウスと共にウィーン国立歌劇場総監督を務めたが、両者の性格は水と油ほど異なり、やがて犬猿の間柄から喧嘩別れの様にしてシュトラウスが去っていたと伝えられている。

指揮者ブルーノ・ワルターは、自伝の中でシャルクを最初は常に薄笑いを浮かべ正体不明で何を考えているのか全く理解が出来なかった人物だとしながらも、ザルツブルクで或る席で同席したのがきっかけで意気投合し、その後、ウィーン国立歌劇場に対するシャルク自身の犠牲を顧ぬ献身的態度や、晩年に於ける芸術的成長に就いて並々ならぬ高評価を与えており、晩年のシャルクが病に倒れ重態に陥り指揮台に立てなくなった際に、ザルツブルクでの指揮をワルターに依頼するほど親密な仲に発展したという。

業績[編集]

シャルクは教育者として指揮者育成の為の教育にも熱心に携わり、クレメンス・クラウスカール・ベームに影響を与え、ヘルベルト・フォン・カラヤンアルトゥール・ロジンスキーハンス・スワロフスキー等を育てた事でも知られている。

演奏スタイル[編集]

シャルクの演奏はその風貌さながら、やや無雑作ながら厳しくも内燃する情熱にあふれたものであった。もちろんウィーンの音楽家らしく、ウィーン風のエレガントな音楽性も併せ持っており、ウィーン・フィルハーモニーを指揮した時に発揮された。また、ポルタメントを多用する等、19世紀の演奏スタイルを墨守していたと言える。

録音[編集]

また、シャルクの死の年に英HMVに、ベートーヴェンの交響曲第5番第1楽章、及び、交響曲第8番全曲をウィーン・フィルハーモニー管弦楽団と再録音したが未発売である(1931年1月31日録音)。

参考文献[編集]

  • 主題と変奏(ブルーノ・ワルター著・白水社)