エルンスト・クルシェネク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エルンスト・クルシェネクErnst Krenek, Ernst Křenek 1900年8月23日 - 1991年12月22日)は、ドイツアメリカ合衆国で活躍したオーストリア出身の作曲家。

出自[編集]

ウィーン出身。姓の“r”にハーチェクを付けた表記(Křenek)でも知られるように、数世代にわたるチェコ系の家庭に生れたが、生れた時に実家の母語はすでにドイツ語になっていた。このため作曲者自身は、Křenekという表記を斥け、Krenekという綴りとドイツ語風の「クレネク」という発音をよしとし、自分自身もそう発音していた。しかしながら日本では、「クシェネク」「クジェーネク」「クルシェネク」とするチェコ語風の表記が普及している。

生涯[編集]

ウィーン音楽アカデミーフランツ・シュレーカー作曲を師事。第一次世界大戦中にオーストリア帝国軍に徴兵されるが、音楽の研究を続けることを許され、ウィーンにとどまり続けた。戦後にシュレーカーがベルリン高等音楽学校の校長に抜擢されると、アロイス・ハーバらとともに恩師を追ってワイマール共和国に移り、当地でフェルッチョ・ブゾーニヘルマン・シェルヘンの知遇を得た。卒業後はドイツ各地の歌劇場で指揮者として活躍する(1960年代に自作を指揮した録音は、現在EMIよりCDに復刻されている)。

1922年に美術家アンナ・マーラーと出会い、その母アルマ・マーラーより、マーラーの遺稿《交響曲 第10番》を完成させるように打診されるが、第1楽章と第3楽章の校正・改訂を行なっただけで、それより先には進まなかった。1924年にアンナと結婚するも、1年たらずで破局を迎えた。

ナチス政権が発足すると、クルシェネク作品はドイツで上演禁止とされ、オーストリア共和国でも弾圧された。1938年アメリカ合衆国に逃れ、音楽教師として活動を開始、1939年から1942年までニューヨーク州のヴァッサー大学で、1942年から1947年までミネソタ州セント・ポールのハムリン大学で教鞭を執った。1945年に合衆国市民権を取得しアメリカに帰化。その後も教育界・作曲界で第一線に立ち、門下に作曲家・音楽学者のジョージ・パールロバート・エリクソンらを擁する。カリフォルニア州パームスプリングスにて永眠。

作風と作品[編集]

初期[編集]

クルシェネクの作品は、想像以上に多種多彩である。生涯を通じて(特に彼が同時代を代表する作曲家として認知されていた前期の作品を中心に見た場合)変化に富み、ある意味ではストラヴィンスキーをはるかに超えた「カメレオン作曲家」と言うことが出来る。

初期作品は、恩師シュレーカーの影響下に後期ロマン主義音楽の伝統にのっとっている。その後はバルトーク新ウィーン楽派に影響され、無調による作曲に取り組むが、パリを訪れストラヴィンスキーフランス六人組と親交を結んだことから、新古典主義音楽ジャズの音楽様式に影響され始める。「ピアノソナタ第2番」の第二楽章は、ジャズ風に始まり、シューベルト的なユニゾンの叙情性を見せた後、ヒンデミット的な四度和声を経由して、三和音で終止する「折衷」様式である。

ジャズに影響された1926年歌劇ジョニーは弾き始める Jonny spielt auf 》が、ソ連邦を含むヨーロッパ各地で演奏されると、たちまちクシェネクは1920年代の寵児となった。この作品はナチスによって指弾されたにもかかわらず、その名がオーストリアのタバコの銘柄「ジョニー」にも採用されたほどの人気であった。

この名声により、クルシェネクは「オペラ作曲家」として認知され、1960年代まで定期的にオペラを書き続けることが出来るようになった。前衛作曲家でありながら前衛の時代が終わるまでオペラにかかわり続けた点が、同世代の中では際立って異質である。

中期[編集]

1930年代オーストリアに帰国するとともに、シューベルトの影響下にロマン主義音楽の伝統に復帰、連作歌曲集《オーストリア・アルプスからの旅日記 Reisebuch aus den österreichischen Alpen 》(1929年)は、この時期の新ロマン主義様式の代表例となっている。

亡命に前後する時期にシェーンベルク流儀の12音技法に転向。歌劇《カール5世 Karl V 》(1930-1933年、出版1938年)は、後期様式の典型である12音技法が完全に用いられた最初の作品である。30代前半という生涯における比較的若い時期に、《カール5世》において12音技法を採用して後は、ほぼ一貫してセリー技法とその探求が創作の中心となった。

ヨーロッパ時代はヒンデミットに私淑し、「実用音楽」というその理念に共鳴したにもかかわらず、新ウィーン楽派に鞍替えしてからはテオドール・アドルノとともにヒンデミットを論難するようになった。このように作曲家・音楽美学者としてのクルシェネクは、特に前期には伝統から前衛の間で揺れ動いた。

対位法の教科書の執筆に興味が出たのもこのころで、後年「旋法による対位法」・「調性による対位法」・「12音による対位法」と三冊出版した。12音による対位法は広く世界中で読まれた。柴田南雄高橋悠治へ与えたテキストが「12音による対位法」であった。対位法のテキストは多くあるが「旋法・調性・12音」のすべての時期に実作を残した上で、教科書を書いた人物は彼だけである。

後期[編集]

無伴奏混声合唱曲集《預言者エレミアの哀歌 Lamentatio Jeremiae Prophetae 》作品93(1941年)や、グレン・グールドの演奏で名高い《ピアノソナタ第3番》は「新しい旋律」を標榜し始めた。とはいえ後者について作曲者自身は、グールドがプロコフィエフ作品のような「ヴィルトゥオーゾ作品」と解釈していると非難し、正統的な解釈を後世に残すべく、ピアニストのジェフリー・ダグラス・マッジに託して、その録音を監修した。確かに、マリア・ユージナの男勝りな「ピアノソナタ第2番」とグールドの「ピアノソナタ第3番」の演奏は、作曲家の求める「軽さ」からはかなり遠かったようである。

渡米後は、とりわけ第二次世界大戦後は、電子音楽偶然性の音楽にもとりくんだ。柴田南雄の著書には、柴田がこの時期書かれた作品をダルムシュタット夏期講習会で聴いた感想が残されている。ダルムシュタット講習会における「総音列主義」にも「ピアノのための六つの拍節化」で彼なりに「消化」し非拍節的な連符まで導入したにもかかわらず、老齢のせいかスピード感が完全に衰えており、「老人の音列」という評価を覆すことは出来なかった。そして、そのままの書法の完成度の合唱に「とってつけたかのような」電子音楽を付して「Spiritus Intelligentiae, Sanctus」と題して発表するという態度に多くの若手作曲家が反発し、二度と最先端の音楽語法を吸収することは出来なかった。すでに「本家・カメレオン作曲家」ストラヴィンスキーは電子音楽やテープ音楽や総音列主義に、なんの興味も示していなかった。

結局、ダルムシュタットでも「前衛三羽烏」のピエール・ブーレーズルイージ・ノーノカールハインツ・シュトックハウゼンらの印象を覆す作品を発表することは出来ず、早々にダルムシュタットから退却した。その後もオペラ作曲家としてはハンス・ヴェルナー・ヘンツェと並び定期的に委嘱をこなしており、最前衛からは距離を置き活動した。しかし、ピアノ作品ではトーン・クラスターをクライマックスに使用するなど、アメリカのピアノ音楽(cf.ヘンリー・カウエルなど)の影響も覗かせることがあった。

総音列音楽の強い影響下の「六つの拍節化」と、完全な調性音楽の「オーストリアからのこだま」は同年の1958年に作曲されている。同時期にまったく傾向の異なるスタイルの作品を書き分けることも、1950年代の常識からはかけ離れていた。

晩期[編集]

オペラの作曲から離れた1970年代にはペッピングディストラーの系譜と同類の、宗教的な素材に基づいた旋法的なコラール前奏曲カンタータを残している。その裏で、ピアノや室内楽テープのための作品にも意欲を示すなど、彼なりの時代への対応が見られる。最早クルシェネクは聴衆に気を使いながら作曲する必要はなかった。

アメリカ時代には、自由な無調性音楽と言える様式へ収斂していった「ピアノソナタ第7番(1988)」ですら、曲の要で内部奏法が用いられるなど、最後まで同時代性を手放すことはなかった。すでにピアノソナタ第5番では現代音楽の世界では禁句とされたハ長調の音階がすらすらと流れ、「新しい調性」を先取りしたかのような動きもあった。当時のオーストリアとアメリカはまだ「古典的な作曲」を受け入れる土壌がドイツよりは残っていたのである。しかし、彼はもう古典的でも前衛的でもなかった。

1980年代に入っても、まだ彼は作曲家として生きていた。「オルガン協奏曲第2番(原題は<オルガンとオーケストラのための協奏曲>)」や「弦楽四重奏曲第8番」ではすでに総音程音列でもなければ厳格な12音列でもなかったが、伝統的な構成感はほどほどに残存していたようで、「旋律と和声を伴った自由な無調性」であることは放棄しなかった。

自身の名をつけた「クレーネク音楽賞」では、自ら新進作曲家に賞を手渡した。17歳で「作品1」を完成させた彼の芸歴は、72年以上に及んだ。

総論[編集]

指揮者のミトロプーロスから「聴衆が君を忘れたのは、君が聴衆を忘れているからだ」と批判された。アドルノからも、ダルムシュタットから受けた「冷笑」をクルシェネクに再三問いただした。それはクルシェネクの作品が理解しにくいとか聞きづらいという意味ではなく、めまぐるしい作風の転換のために、聴衆にとって正体がつかみ難いという意味であったろう。「セリーでなければ人ではない」と言われた1950年代に、「人であるため」セリーを用いたにもかかわらず、酷評されたことでセリーから離れたともいえる。

しかしながらクルシェネクの作品は、新しい作曲技法を用いた後期作品においてさえ、自然な抒情性や愉悦感が保たれている。新ウィーン楽派の作曲家の中では、誰よりもアルバン・ベルクに近いが、旋律への感性はベルクほど粘着質ではなく軽く乾いている。12音技法の直系だったハンス・エーリッヒ・アポステルにも認められていた彼は、もともとオペラ作曲家であり、「旋律」への執着は没年まで忘れることはなかったのである。そのためか、1970年代に入って前衛が停滞した後も、動じることなくマイペースで作曲活動が行えた。

二度の世界大戦を回避した1900年生まれの作曲家クルシェネクは、調性、旋法、12音、電子音、テープ作品、JAZZ、オペラの各分野で重要作を残し、没年まで創作意欲の尽きなかった「怪物」であったことは疑いがない。近年は冷遇されていたダルムシュタット発表時の作品を含めて、改めて再評価が始まり、音源化された作品も多い。

評論[編集]

日本ではドイツ語による、アドルノとの往復書簡集やマーラー論が知られているにすぎないが、英語による著作業でも活躍し、現代音楽論(原題 Music Here and Now1939年)やオケゲム論(1953年)といった論文のほか、回想録「自作を語る」(原題: Horizons Circled: Reflections on my Music1974年、Univ of California Press出版、ISBN 0520023382)を上梓した。シェーンベルクやアドルノに比べて、若くして亡命したため、速やかに英語に習熟し、その表現力にはグレン・グールドが折り紙を付けたほどである。

日本楽壇との関係[編集]

ウィーン時代の橋本國彦が師事している。2005年2月4日において、ヴァージニア・ウェアリング国際ピアノ・コンクールの一部門として行われた、エルンスト・クレネク・コンクールの最終審査で、杉山直子が2位に入賞した。チェリストの水谷川優子(みやがわ・ゆうこ、近衛秀麿の孫)は、ヨーロッパ留学時代からクルシェネク作品に傾倒し、その作品を公開演奏において積極的にとり上げている。ハープ協奏曲とハープ・ソナタは、吉野直子の十八番のひとつである。

「作曲の20世紀」でクルシェネクの項を執筆した長木誠司は「彼がなくなったとき、日本の新聞は大きな扱いをしなかった」と述べた。大手新聞も三面記事の扱いであった。すでにクルシェネクに師事した人物も日本には生存しておらず、彼の創設した賞を受け取った日本人作曲家阿部京子も在欧であり、彼の作曲した歌劇も生前日本で頻繁に上演されることもなく、「時代の狭間」の中で消滅した存在であった。

出版[編集]

作風が多岐にわたっているため、出版社も多くを渡り歩いた。晩期のピアノソナタは当初はベーレンライターから出版されており、ピアノソナタ全部を手に入れるのにはばら売りを収集しなければならなかったが、結局7曲が一冊にまとめられてUniversalから再発された。

マーラー作品の補筆は断念したが、シューベルトのソナタ「レリーク」ハ長調(ピアノソナタ第15番)は完成し、出版されている。この仕事もシューベルトのピアノソナタがピアニストたちに再評価されるはるか以前に仕上げており、時代の趨勢の半歩先を読める審美眼が冴えていた。

主要作品一覧[編集]

舞台作品[編集]

歌劇[編集]

  • 影を跳び越えて Der Sprung über den Schatten 作品17 (1923; UA 1924)
  • オルフェウスとエウリュディケー Orpheus und Eurydike 作品21 (1923; UA 1926)
  • ジョニーは弾き始める Jonny spielt auf 作品45 (1925-26; UA 1927)
  • 独裁者 Der Diktator 作品49 (1926; UA 1928)
  • 秘密の王国 作品50 Das geheime Königreich (1926-27; UA 1928)
  • ヘビー級、または国家の栄光 作品55 Schwergewicht, oder Die Ehre der Nation (1926-27; UA 1928)
  • オレストの生涯 作品60 Leben des Orest (1928-29; UA 1930)
  • カール5世 作品73 Karl V (1930-33; UA 1938)
  • ケファルスとプロクリウス 作品77 Cefalo e Procri (1933-34; UA 1934)
  • Tarquin op.90 (1940; UA 1950)
  • What Price Confidence? (Vertrauenssache) op.111 (1945-46; UA 1960)
  • 暗い水流 Dark Waters (Dunkle Wasser) op.125 (1950; UA 1950)
  • パラス・アテネは泣く Pallas Athene weint op.144 (1952-55; UA 1955)
  • 鐘つき塔 The Bell Tower (Der Glockenturm) op.153 (1955-56; UA 1957)
  • Ausgerechnet und verspielt op.179 (1961; UA 1962)
  • Der goldene Bock (Chrysomallos) op.186 (1963; UA 1964)
  • Der Zauberspiegel. Fernsehoper op.192 (1966; UA 1967)
  • Sardakai oder Das kommt davon op.206 (1967-69; UA 1970)

バレエ[編集]

  • Mammon op.37 (1925)
  • Der vertauschte Cupido op.38 (1925)
  • Eight Column Line op.85 (1939)

管弦楽曲[編集]

交響曲[編集]

  • 第1番 作品7 (1921)
  • 第2番 作品12 (1922)
  • 第3番 作品16 (1922)
  • 管楽器と打楽器のための交響曲 作品34 Symphonie pour instruments à vent et batterie (1924-25)
  • 小交響曲 作品58 (1928)
  • 第4番 作品113 (1947)
  • 第5番 作品119 (1949)
  • 交響曲《パラス・アテネ》 作品137 (1954)
  • 弦楽のためのシンフォニエッタ「ブラジル風」作品131 (1952)

協奏的作品[編集]

  • 室内オーケストラのための《コンチェルティーノ》作品27 Concertino (1924)
  • ヴァイオリン協奏曲 第1番 作品29
  • チェンバロとオルガン、室内オーケストラのための小協奏曲 作品88
  • チェロ協奏曲 第1番 作品113
  • ヴァイオリンとピアノ、小オーケストラのための二重協奏曲 作品124
  • ハープと室内オーケストラのための協奏曲 作品126
  • ヴァイオリン協奏曲 第2番 作品140
  • チェロと管弦楽のためのカプリッチョ 第1番 作品145
  • チェロ協奏曲 第1番 作品236
  • オルガンと弦楽合奏のための協奏曲 作品230
  • オルガン協奏曲 作品235
  • ピアノ協奏曲(全4曲)

その他の管弦楽曲[編集]

  • 管弦楽のためのポプリ 作品54
  • 管弦楽のための11の透明画 作品142 (1954)
  • 交響的スケッチ「鎖、円、鏡」 作品160 (1957)
  • 時間的問題 Quaestio Temporis 作品170 (1959)

吹奏楽曲[編集]

  • 3つの愉快な行進曲 Drei lustige Märsche (ドナウエッシンゲンにて1926年初演)
  • 組曲「1955年」 Suite 1955
  • 夢の続き 作品224 Dream Sequence (1975)

声楽曲[編集]

合唱曲[編集]

  • 混声合唱のための《四季》 Die Jahreszeiten op. 35, for mixed choir
  • Ich singe wieder wenn es tagt op. 151 (1955 / 1956) for mixed choir with string orchestra or string quartet

歌曲[編集]

  • 三つの歌曲 作品56 3 Gesängen (1927)
  • 連作歌曲集《オーストリア・アルプスからの旅日記》 作品62 Reisebuch aus den österreichischen Alpen (1929)
  • 連作歌曲集《夜を抜けて》作品67 Durch die Nacht (1930 / 1931)
  • 連作歌曲集《後の世の歌》作品71 Gesänge des späten Jahres

その他の声楽曲[編集]

  • Zwingburg. Szenische Kantate op.14 (1922; UA 1924)
  • 小夜鳴き鶯 Die Nachtigall, op. 68, für Koloratursopran und Ensemble (1927)
  • アリア《ステラの独白》 op. 57a Monolog der Stella (1928)
  • Feiertagskantate, op. 221 (1975)

室内楽曲[編集]

弦楽三重奏曲[編集]

  • 弦楽三重奏曲 作品118
  • 弦楽三重奏のための「バッハを讃えて」Parvula Corona Musicalis: ad honorem Johannis Sebastiani Bach 作品122
  • 12の音高による弦楽三重奏曲 作品237

弦楽四重奏曲[編集]

  • 第1番 作品6
  • 第2番 作品8
  • 第3番 作品20
  • 第4番 作品24
  • 第5番 変ホ長調 作品65
  • 第6番 作品78
  • 第7番 作品96
  • 第8番 作品233

ソナタ[編集]

  • ピアノ・ソナタ
    • 第1番 変ホ長調 作品2
    • 第2番 作品59
    • 第3番 作品92-4 *
    • 第4番 作品114
    • 第5番 作品121
    • 第6番 作品128
    • 第7番 作品240
  • ヴァイオリン・ソナタ
    • 第1番 嬰ヘ短調 作品3
    • 第2番 作品99
    • 無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第1番 作品33
    • 無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第2番 作品115
  • ハープ・ソナタ

その他の器楽曲[編集]

  • クラリネット四重奏のためのセレナーデ 作品4
  • 無伴奏チェロのための組曲 作品84
  • 無伴奏チェロのための練習曲 作品184a/b
  • *作品92の残りの楽曲は、ヴィオラ独奏曲やオルガン独奏曲である。

参考文献[編集]

  • Adorno, Theodor W.: Ernst Krenek. - München : ed. text + kritik, 1984
  • Bowles, Garrett H.: Ernst Krenek : a bio-bibliography. - New York : Greenwood Pr., 1989
  • Hilmar, Ernst: Dank an Ernst Krenek. - Wien : Universal-Edition, 1982
  • Schmidt, Matthias: Ernst Krenek : Zeitgenosse des 20. Jahrhunderts. - Wien : Wiener Stadt- und Landesbibliothek, 2000

外部リンク[編集]