大木正夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

大木 正夫(おおき まさお、1901年10月3日 - 1971年4月18日)は日本作曲家

静岡県磐田郡中泉町(現磐田市)に生まれる。県立静岡中学校(現・静岡県立静岡高等学校)から大阪高等工業学校(現・大阪大学)応用化学科を卒業し、丸善工場に勤務するが、まもなく退職して長野県上田高女(現・長野県上田染谷丘高等学校)で教鞭をとる。やがて退職して上京し、石川義一に師事していたこともあったが、大半が独学で作曲を学んでいる。1933年に「信濃路(交響曲第4番)」を発表した。作曲家連盟委員音楽文化協会常任理事、日本現代音楽協会の委員等に就いた。戦前の作風は民族的でロマン主義的傾向が見られ、代表作である『5つのお話』『夜の思想』はワインガルトナー賞の特賞を受賞した。戦中は日本政府の要請により朝比奈隆と共に満州国へ渡り、交響詩「蒙古」は朝比奈と新京交響楽団により演奏され、現地で人気を博した。戦中皇紀2600年奉祝曲を手がけたこともあった大木であったが、戦後は左派寄りの政治的立場を取るようになり、交響曲第5番『ヒロシマ』、カンタータ『人間をかえせ』、交響曲第6番『ベトナム』など政治色の強い作品を残している。

夫人の大木英子1919年-2008年)は作曲家。

主要作品[編集]

  • 工場交響曲(交響曲第1番)
  • 交響曲第2番
  • 舞踊音楽「旱魃と豪雨・飢」(合唱と打楽器合奏)
  • 農民交響曲(交響曲第3番)
  • 信濃路(交響曲第4番)(1933年)
  • 交声曲「勇士の名を振うを慕う歌一首ならびに短歌」
  • 交響曲第5番「ヒロシマ」(交響的幻想「ヒロシマ」)(1953年)
  • 交響曲第6番「ベトナム」
  • 交響曲 ハ長短調
  • 交響詩「真実を苦悩するもの」
  • 交響詩「1931年の情熱」
  • 交響無言詩
  • 交響詩「飢えたるもの」
  • 太陽を孕む黎明
  • 鉱坑
  • 田園詩曲
  • 組曲「5つのお話
  • 日本狂詩曲(1938年、JOAK委嘱による「国民詩曲」のひとつとして作曲)
  • 夜の思想
  • 交響舞曲「羽衣」
  • 交響詩「蒙古」
  • 日本祝典序曲
  • 序曲「みたみわれ」(山本芳樹の同名の国民合唱の旋律による)
  • 古典彫像に題する6つの前奏曲と終曲
  • カンタータ「人間をかえせ」
  • 日本小品集
  • わかものの歌
  • 弦楽四重奏のための7つの小品

映画音楽[編集]

著作[編集]

  • うたごえは爆音を圧す - 音楽家のベトナム報告(1970年、あゆみ出版社)

参考文献[編集]

  • 目黒三策編 『標準音楽辞典』音楽之友社、1966年、 p1542

外部リンク[編集]