カール・マリア・フォン・ウェーバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カール・マリア・フォン・ヴェーバー
}
基本情報
出生 1786年11月18日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国リューベック司教領英語版ドイツ語版オイティーン英語版ドイツ語版
死没 1826年6月5日(満39歳没)
イギリスの旗 イギリスロンドン
ジャンル ロマン派音楽
職業 作曲家、指揮者ピアニスト

カール・マリア・フリードリヒ・エルンスト・フォン・ヴェーバードイツ語: Carl Maria Friedrich Ernst von Weber1786年11月18日 - 1826年6月5日)は、ドイツロマン派初期の作曲家指揮者ピアニスト。姓は、一般には上記のドイツ読みとウェーバーという表記が混在して用いられている。

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトによるドイツオペラの伝統を継承し、自らの『魔弾の射手』によってドイツ・ロマン派のオペラ様式を完成、そしてリヒャルト・ワーグナーへと流れを導いた作曲家として重要である。

11歳で初めてのオペラを作曲し、『魔弾の射手』や『オベロン』などのオペラのほか、『舞踏への勧誘』などの器楽曲も残す。また、オーケストラの配置を現在に近い形に改めたり、指揮棒を初めて用いた人物としても知られる。

モーツァルトの妻コンスタンツェは父方の従姉にあたる。

生涯[編集]

現在のドイツ・リューベック近郊のオイティーン英語版ドイツ語版に生まれる。父フランツ・ヴェーバーの兄フリードリンの娘コンスタンツェは人気作曲家であったモーツァルトと結婚していた。

片足が不自由であり、小児麻痺であったとも伝えられる。

ヴェーバーが生まれた次の年、父は劇団を結成する。こうして彼は、幼いころからドイツ、オーストリア全土を回ることとなった。幼少の際、彼はこれといって特別な才能は見せなかった。しかし、9歳のときヒルトブルクハウゼンでヨハン・ホイシュケルから本格的な音楽教育を受け、才能を見せる。その後も旅先で音楽教育を受け、ザルツブルクではミヒャエル・ハイドンフランツ・ヨーゼフ・ハイドンの弟)、ウィーンでは、ウィーン音楽院の前身校でゲオルク・フォーグラーにも師事している。1798年から99年にかけて初のオペラ『愛と酒の力』("Die Macht der Liebe und des Weins"、J. Anh. 6)を作曲するが、翌1800年に火事で消失している。

1804年、ブレスラウ(現ヴロツワフ)のカペルマイスターに就任。しかし自身の理想主義的傾向や、父の投機的な性格が災いし、2年後には楽長を退く。この年にエッチング用の硝酸を誤飲し、声を出せなくなった(声を失うまではかなりの美声だったと言われる)。その後カールスルーエミュンヘンなどドイツ各地を転々とする。

1813年プラハ歌劇場の芸術監督に就任し、オペラの改革に尽力する。モーツァルトの『ドン・ジョヴァンニ』上演以後、低落していた歌劇場を見事に再興させた。

1817年ザクセン宮廷楽長に任命され、ドレスデン歌劇場(現在のゼンパー・オーパーの前身)に移る。当時宮廷ではイタリア・オペラが主流であったが、ヴェーバーは自身のドイツ・オペラをもって彼らに戦いを挑む。結果は成功し、ドイツ・オペラを根付かせることに成功する。また、当時最高のピアニストとしてヨーロッパ各地で演奏を行った。

1821年ベルリンで『魔弾の射手』が初演されると大反響を呼び、ドイツ国民オペラの金字塔を打ち立てた。この『魔弾の射手』を観て、ヴァーグナーベルリオーズなど、後に大作曲家となる多くの人物が作曲家を志したとも言われている。この頃からヴェーバーの作風に暗い影が漂い始め、ピアノソナタ第4番の極度に厭世的な冒頭を持つ第1楽章などにその兆候が現れ始める。

1826年ロンドンコヴェント・ガーデン歌劇場の依頼により、英語によるオペラ『オベロン』を作曲する。そのとき彼は結核を患っていたが、家族を養うため病苦を押して渡英し(家族には病状を隠していた)、自ら指揮棒を振り大成功を収めた。しかしその後病状が悪化、同年の6月5日にロンドンで客死した。39歳没。その遺骨は、18年のちの1844年、彼の音楽的な遺志をつぐこととなったヴァーグナーの力添えにより、息子マックスに見守られながらロンドンからドレスデンに帰還した[1]

『魔弾の射手』はヴルフ・コーノルト『ドイツオペラの知識』(シンフォニア刊、1999年)でドイツでの上演人気30傑に挙げられているが、ドイツオペラの全曲レコードを精力的に残したベームカラヤンショルティの3人は、このオペラのスタジオ録音を残していない。ドイツ圏の外での上演はさらに少なく、歴史的名声の高さに比してやや寂しい状況にある。

作品[編集]

作品目録は、一般にフリードリヒ・ヴィルヘルム・イェーンス(Friedrich Wilhelm Jähns)の"C.M.von Weber in seinen Werken" (1871/1967) によるイェーンス番号 (J.) が用いられている。

オペラ[編集]

劇付随音楽[編集]

  • トゥーランドット」 Op.37 J.75, 1809年
  • 「イングルト王」J.214, 1817年
  • 「ドンナ・ディアナ」J.220, 1817年
  • 「フランス王アンリ4世」J.237, 1818年
  • 「ザッフォー」J.240, 1818年
  • 「心からの愛」J.246, 1818年
  • 「灯台」J.276, 1820年
  • 「プレチオーザ」Op.78 J.279, 1820年
  • 「今日こそザクセンの子に娶らせよ」J.289, 1822年
  • 「Das osterreichische Ferdlager」Anh.43~45, 1813年(消失)

交響曲[編集]

協奏曲、協奏的作品[編集]

室内楽曲[編集]

ピアノ・ソナタ[編集]

ピアノ曲[編集]

  • 6つのフゲッタ Op.1 J.1~6
  • 創作主題による6つの変奏曲 ハ長調 Op.2 J.7
  • 12のアルマンド Op.4 J.15~26
  • 6つのエコセーズ J.29~34
  • フォーグラーの「カストールとポリュックス」のエール・ド・バレエによる8つの変奏曲ヘ長調 Op.5 J.40
  • ビアンキの「ここにおいで、美しきドリーナよ」による7つの変奏曲ハ長調 Op.7 J.53
  • 創作主題による7つの変奏曲ヘ長調 Op.9 J.55
  • モメント・カプリチオーソ Op.12 J.56
  • グランド・ポロネーズ Op.21 J.59, Op.28 J.141
  • メユールの「エジプトのヨゼフ」のロマンスによる7つの変奏曲ハ長調 Op.28 J.141
  • フランス王妃マリー・ルイーズの親しみ易いワルツ J.143~8(全18曲)
  • ロシア民謡「美しきミンカ、私は別れなければならない」による9つの変奏曲 Op.40 J.179
  • ジプシーの歌による7つの変奏曲 Op.55 J.219
  • 華麗なるロンド「戯れごと」変ホ長調 Op.62 J.252
  • 舞踏への勧誘 変ニ長調 Op.65 J.260
  • 華麗なポラッカ「笑いこける」ホ長調 Op.72 J.268
  • 四手ピアノのための6つのやさしい小品 Op.3 J.9~14
  • 四手ピアノのための6つの小品 Op.10 J.81~86
  • 四手ピアノのための6つの小品 Op.60 J.248, 264, 253, 242, 236, 255, 266, 254

歌曲[編集]

  • カンタータ:「戦争と勝利」Op.44, 1815年
  • 「祝典カンタータ」Op.58, 1818年
  • 重唱曲「自然と死」Op.61, 1818年
  • 男声合唱曲:「リラと剣」Op.42, 1814年
  • 「5つの男声4部合唱曲」Op.53, 1814年
  • 「6つの男声4部合唱曲」Op.68, 1812年
  • ギター伴奏付5つの歌 Op.13, 1818年
  • 6つの歌 Op.15, 1818年
  • 8つの歌 Op.64, 1819年
  • 6つの歌 Op.66, 1818年

外部リンク[編集]