ヨハン・ワルター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヨハン・ワルターJohann Walter1496年-1570年3月25日)とは、宗教改革時代のルーテル派の作曲家、讃美歌作家、詩人。

彼の編纂になるプロテスタント最初の讃美歌集Geystliches gesangk buchleynが、1524年マルティン・ルターの序文付きで出版された。[1][2]

ワルターは二つのスタイルを持っている。1つめのスタイルはフランドル楽派のポリフォニーであり、ジョスカン・デ・プレハインリヒ・イザークの影響を受けている。

2つめのスタイルは、模倣技法ではないコラールであり、後の2世紀に影響を及ぼした。

作品[編集]

  • Allein auf Gottes Wort
  • Christ ist erstanden
  • Christ lag in Todesbanden
  • Christum wir sollen loben schon
  • Ein feste Burg
  • Gelobet seist du Jesu Christ
  • Joseph, lieber Joseph mein (Resonet in laudibus)
  • Komm, Gott Schöpfer
  • Komm, heiliger Geist
  • Laus Matrimonii ex Horatio (Felices ter)
  • Nun bitten wir den heiligen Geist
  • Vater unser
  • Verbum caro factum est
  • Wir glauben all' an einen Gott
  • Wo Gott, der Herr, nicht bei uns hält

編曲[編集]

参考文献[編集]

  • 『音楽史の名曲』 春秋社

脚注[編集]

  1. ^ Johann Walter; Martin Luther (1524). Geystliches gesangk buchleyn. Wittemberg. ISBN ?. http://daten.digitale-sammlungen.de/~db/ausgaben/uni_ausgabe.html?recherche=ja&projekt=1174066449&autor=Walter&titel=&sortjahr=1524 2009年7月20日閲覧。. 
  2. ^ Buszin, Walter E.. “Johann Walther - Composer, Pioneer, and Luther’s Musical Consultant”. The Musical Heritage of the Church, Volume III. The Good Shepherd Institute. 2009年7月20日閲覧。
  • Werner Braun: "Johann Walter", Grove Music Online, ed. L. Macy (Accessed November 24, 2006), (subscription access)

外部リンク[編集]

執筆の途中です この項目「ヨハン・ワルター」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。