アイネ・クライネ・ナハトムジーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アイネ・クライネ・ナハトムジーク』(Eine kleine Nachtmusikト長調 K.525は、モーツァルトが作曲したセレナードのひとつである。

概説[編集]

本作はモーツァルトの楽曲の中でも非常に有名な曲の一つである。1787年8月10日ウィーンで作曲が完了された。この期日はオペラ・ブッファドン・ジョヴァンニ』の作曲中の時期にあたる。ただし何らかの機会のために作曲されたと考えられるが、初演に関する史料は残されていない。の死(1787年5月28日死去)の2ヶ月あまり後に作曲。

アルフレート・アインシュタインは、モーツァルトは同年の『音楽の冗談』(1787年6月14日に作曲完了)によって失われた音楽の秩序を回復するために作曲したと推測している。

なお旧全集の楽譜に通し番号の13番が充てられたため「セレナード第13番」と表記されることもある[1]

題名[編集]

ドイツ語Eineは女性形の不定冠詞、kleineは「小さな」の意の形容詞kleinの女性形、Nachtmusikは、Nacht(夜)+Musik(音楽)の合成名詞で、「小さな夜の曲」という意味である。かつて日本語では「小夜曲」と訳されていたが、この邦訳はほとんど使われなくなっている。この題名はモーツァルト自身が自作の目録に書き付けたものである。

楽章[編集]

モーツァルトの自作の目録には第2楽章のメヌエットとトリオを含む5楽章として記載しており、元来5楽章からなっていたと考えられる。しかし、いかなる理由からか第2楽章は散逸しており、下記のような4楽章形式で演奏される。ただし、他のメヌエットを第2楽章に充てて5楽章形式で演奏される例もある。

  1. 第1楽章:アレグロソナタ形式 ト長調 4/4拍子
  2. 第2楽章:ロマンツェ(アンダンテ) 三部形式 ハ長調 2/2拍子
  3. 第3楽章:メヌエットとトリオ(アレグレット) ト長調 3/4拍子
  4. 第4楽章:ロンド(アレグロ) ロンド形式 ト長調 2/2拍子

演奏[編集]

弦楽合奏、あるいは弦楽四重奏コントラバスを加えた弦楽五重奏で演奏される。通常演奏時間は17~8分であるが、楽譜の指示どおり全部繰り返しを行うと20分程度になる。

アイネ・クライネ・ナハトムジークを原曲としたポップスなど[編集]

サンプル[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ベートーヴェン以降とは異なり、モーツァルトの時代には絶対音楽をジャンル別に分類し、通し番号を与えるという発想(たとえば交響曲第○番とかピアノ・ソナタ第○番といったナンバリングの習慣)は無かった。

外部リンク[編集]