音楽の冗談

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

音楽の冗談』(おんがくのじょうだん、独語Ein Musikalischer SpaßK.522は、モーツァルト1787年に作曲した、2つのホルン弦楽のための楽曲であり一種のディヴェルティメントとも考えられる。下手な作曲家や演奏家を揶揄するために書かれた曲である。

モーツァルト自身の作品目録には、同年6月14日に記録されている。父レオポルトの死(5月28日)の直後にこの曲が書かれたのは奇妙に思えるが、実際には1785年に着手され、1787年8月後半に完成されたと見られる。同年8月には有名な『アイネ・クライネ・ナハトムジーク』K.525も作曲されている。

楽器編成[編集]

楽器編成は、ホルン2、ヴァイオリン2、ヴィオラ、「バス」。各パート一人ずつという制限はない。また、実際の演奏ではチェロコントラバスで「バス」パートを弾く。

曲の構成[編集]

曲の構成は、古典派のディヴェルティメントと共通の4楽章制をとる。

  1. アレグロ(ソナタ形式
  2. メヌエットとトリオ
  3. アダージョ・カンタービレ
  4. プレスト (ロンド形式)

曲の特徴[編集]

作曲された時代の音楽である、古典派音楽の通例とは、一線を画す手法が多用されている。

フィナーレでの多調
  • アンバランスな楽器編成:ディヴェルティメントでは定番の木管楽器(オーボエ、またはフルート)がない
  • 第1楽章開始の不規則・不均衡な楽節構造:古典派音楽の通例にない
  • 慣例にない和声:サブドミナント和音が好適な箇所でセカンダリー・ドミナント和音が利用されている
  • ホルンによるトリルの多用:当時のホルンでは演奏するのが難しく、古典派音楽の通例にない
  • ホルンの不協和音:演奏者の音感のなさや、コピスト(写譜家)の不備、あるいはホルン奏者のクルックの握り間違いを再現している
  • ヴァイオリンの高音域における全音音階:演奏家の高音域における演奏ミスを再現している
  • フィナーレの最終3小節における多調ヘ長調のホルン、ト長調の第1ヴァイオリン、イ長調の第2ヴァイオリン、変ホ長調のヴィオラ、変ロ長調の「バス」のアンサンブルは、古典派音楽の通例にない

こうした特徴をして音楽理論家から『音楽の冗談』は作曲者と同時代の半可通の音楽家をからかうためにわざと滑稽に作曲された、ないしは同時代の作曲家のぎこちなさをあてこすったものであるといった推測が大勢を占めている(しかしこのような見解にくみしない理論家もいる。)。この作品は作曲当時の聴衆からは、笑いやユーモアのある音楽として届いていた可能性が指摘されている。

その他[編集]

俳優・斎藤晴彦がクラシックにコミカルな歌詞をつけて歌唱したアルバムのタイトル「音楽の冗談」も、本作に敬意を表してつけられた。

参考文献[編集]

  • 海老澤敏ほか『モーツァルト事典』東京書籍、1991年