藤岡好明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
藤岡 好明
北海道日本ハムファイターズ #22
HAWKS40-FUJIOKA.jpg
ソフトバンク時代
(2012年6月24日、福岡Yahoo!JAPANドーム)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府豊中市
生年月日 1985年3月12日(29歳)
身長
体重
177 cm
81 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 投手
プロ入り 2005年 大学生・社会人ドラフト3巡目
初出場 2006年3月26日
年俸 2,800万円(2014年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

藤岡 好明(ふじおか よしあき、1985年3月12日 - )は、北海道日本ハムファイターズに所属するプロ野球選手投手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

宮崎日大高校からJR九州に入団。

JR九州時代は樋口龍美町豪将など、先輩に好投手が多かったため試合に出番は少なかったが、その素質は一部のスカウトの目には既に止まっていた。樋口、町が退団した後は主に救援投手を務め、チームを先輩2人も成し得なかった都市対抗野球大会ベスト4に導いた。

2005年の大学・社会人ドラフトで福岡ソフトバンクホークスから3位指名され入団。背番号は40

プロ入り後[編集]

2006年、入団時から即戦力として期待され、チームの新人では松田宣浩とともに開幕一軍を勝ち取った。初登板時は二死満塁のピンチを無失点で切り抜け、次の回で失点したものの、次の試合から8試合連続無失点を続けた。それ以降も新人とは思えない度胸、マウンドさばきが評価され、セットアッパーとして活躍した。5月19日東京ヤクルトスワローズ戦でプロ入り初セーブ[1]を記録した。パシフィック・リーグの新人最多登板記録(当時)となるチームトップの62試合に登板し、リーグ2位の31ホールドポイントを記録した。速球主体のピッチングながら、シーズンを通して被本塁打が1本もなかった。

同年オフに読売ジャイアンツ(巨人)へ移籍した吉武真太郎[2]に代わるチームの中継ぎエースとして期待されて迎えた2007年シーズンであったが、前年の疲労もあったのか打ち込まれる場面が目立ち、5月時点の防御率が10点台と散々で、故障もあって2ヶ月以上離脱してしまった。8月に復帰後は23試合で自責点4と好投を続け、防御率も4点台まで持ち直してシーズンを終えた。

2009年は開幕を二軍で迎えるも4月中に出場選手登録された。当初は中継ぎでの起用だったが、5月16日東北楽天ゴールデンイーグルス戦でプロ初先発し、5回を6安打無失点と粘りを見せた。3度目の先発となった6月3日横浜ベイスターズ戦にて、6回を2安打無失点で先発初勝利を記録。お立ち台では「めっちゃ、うれしいです。僕が抑えたというより、野手の方に助けられました。感謝しています」と語った。この年自己最多の5勝を挙げた。

2010年は先発として3試合、中継ぎとして29試合に登板した。中継ぎではビハインド時の登板中心ながら防御率は2.35、奪三振率は10.33と好成績を残した。2011年はわずか5試合の登板に留まり、防御率も9点台と不調に終わったが2012年には再び持ち直し、中継ぎとして39試合に登板。防御率も過去最高の1.19と、安定した成績を残した。契約更改では、800万円増の2800万円で更改した。

2013年もシーズン序盤から中継ぎとして登板を重ねていたが、6月27日の全体練習中に体のだるさを訴え千葉市内の病院で診察を受け、翌28日に登録抹消となりそのままシーズン終了まで二軍で過ごした。12月25日北海道日本ハムファイターズFAで移籍した鶴岡慎也の人的補償として藤岡の獲得を発表[3]、2014年1月8日にNPBから正式公示[4]された。

2014年5月17日の対千葉ロッテマリーンズ戦で5番手として登板し、移籍後初勝利を挙げた[5]

プレースタイル・人物[編集]

サイドスローから投げる平均球速約139km/h[6]、最速149km/hの速球が武器。変化球も多彩で、スライダーシンカーカーブを中心に、シュートフォークなどを投げる。空振りが奪える直球を武器に力勝負で押すことが多く、高い奪三振率を記録している。

草野大輔(元東北楽天ゴールデンイーグルス)とは社会人時代同じリーグで、2004年と2005年には草野が補強選手としてチームメイトだったこともあり親交がある。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2006 ソフトバンク 62 0 0 0 0 5 3 1 26 .625 270 65.2 51 0 21 3 6 65 0 0 20 19 2.60 1.10
2007 36 0 0 0 0 1 2 0 7 .333 146 31.1 39 3 16 3 1 25 3 0 19 17 4.88 1.76
2008 11 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 31 8.0 7 0 1 0 1 4 0 0 4 3 3.38 1.00
2009 38 14 0 0 0 5 8 0 2 .385 434 101.2 98 10 38 0 4 82 5 0 57 52 4.60 1.34
2010 32 3 0 0 0 1 2 0 1 .333 236 54.0 56 1 21 0 3 57 3 0 29 27 4.50 1.43
2011 5 0 0 0 0 1 0 0 0 1.000 42 8.1 10 1 5 0 2 8 1 0 9 9 9.72 1.81
2012 39 0 0 0 0 1 0 0 8 1.000 175 45.1 36 0 9 0 0 34 1 0 8 6 1.19 0.99
2013 32 0 0 0 0 4 0 0 6 1.000 121 28.2 29 0 12 0 1 15 3 0 9 8 2.51 1.43
通算:8年 255 17 0 0 0 18 15 1 50 .545 1455 343.0 326 15 123 6 18 290 16 0 155 141 3.70 1.31
  • 2013年度シーズン終了時

記録[編集]

投手記録
打撃記録

背番号[編集]

  • 40 (2006年 - 2013年)
  • 22 (2014年 - )

登場曲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ この試合で藤岡は6 - 3と3点リードした7回裏一死一、三塁で登板し、5連続三振で8回裏まで投げ終えたところで降雨コールドゲームが宣告されたためセーブが記録された。
  2. ^ 小久保裕紀フリーエージェント権行使により巨人からソフトバンクに移籍したために、その人的補償選手として指名された。
  3. ^ 藤岡好明選手獲得のお知らせ2013年12月25日 北海道日本ハムファイターズ
  4. ^ トレード(2013年シーズン終了後~) 2014年1月9日閲覧
  5. ^ “藤岡 ハム移籍後初勝利「流れに乗っていい投球ができた」”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2014年5月17日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/05/17/kiji/K20140517008180850.html 2014年5月18日閲覧。 
  6. ^ 『2013 プロ野球オール写真選手名鑑』 日本スポーツ企画出版社、2013年、142頁。ISBN 978-4-905411-11-6

関連項目[編集]