カール・ムック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カール・ムック
Karl Muck
1914年
1914年
基本情報
出生 1859年10月22日
War ensign of the German Empire Navy 1848-1852.svg ドイツ連邦
ヘッセン大公国の国旗 ヘッセン大公国 ダルムシュタット
学歴 ライプツィヒ音楽院
死没 1940年3月3日(満80歳没)
ナチス・ドイツの旗 ドイツ国 シュトゥットガルト
職業 指揮者

カール・ムックKarl Muck, 1859年10月22日 - 1940年3月3日)は、ドイツ指揮者。20世紀前半を代表する指揮者の一人である。

経歴[編集]

ダルムシュタットの音楽一家に生まれる。当初は歴史学を専攻し、1880年ハイデルベルク大学で博士号を取得するが、のちにライプツィヒ音楽院に学び、ゲヴァントハウス管弦楽団のソリストとして音楽家に転身する。以降、チューリヒ歌劇場の合唱指揮者を皮切りに、第一次世界大戦前の一時期を除き、主にドイツ・オーストリア圏で活躍した。とくにリヒャルト・ワーグナーの権威として名を上げ、1901年から、主宰者ヴィニフレート・ワーグナーと訣別する1930年までのおよそ30年にわたってバイロイト音楽祭に客演し、『パルジファル』の上演に携わった。シュトゥットガルトにて没。

評価[編集]

  • (A) very great master, whose reliability, maturity and selfless dedication are not equaled by any living artist.『ムックは、その信頼度、円熟度、音楽に対する無私の献身において当今並び立つものがいない偉大なマエストロ』(アルトゥル・シュナーベル
  • (A)n ideal accompanist.『理想の伴奏者』(イグナツィ・パデレフスキ
  • Though old enough to be part of generation known for taking liberties with the score and indulging in flexible tempos, he was by contrast disciplined and direct, less concerned with placing his personal stamp on a score than on demonstrating fidelity to the score and ceding a certain interpretive anonymity.『ムックはスコアに対する放縦な解釈、恣意的なテンポの設定が当たり前だと考えられていた世代に属する指揮者だが、例外的に、わたくしを滅し、スコアに忠実であることを旨としていた』(ハロルド・ショーンバーグ

録音[編集]

ムックはグスタフ・マーラーよりも1歳年長であるが、いくつかの録音を遺している。

参考文献[編集]

  • Harold C. Schonberg, The Great Conductors (NY: Simon and Schuster, 1967), ISBN 0671207350
先代:
グスタフ・マーラー
プラハ・ドイツ歌劇場
音楽監督
1891年 - 1892年
次代:
レオ・ブレッヒ
先代:
ヨーゼフ・ヘルメスベルガー2世(常任指揮者)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
客演指揮者
1903年 - 1906年
次代:
フェリックス・ワインガルトナー(常任指揮者)
先代:
マックス・フィードラー
ハンブルク・フィルハーモニー協会
音楽監督
1922年 - 1933年
次代:
オイゲン・ヨッフム