エミール・フォン・ザウアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エミール・フォン・ザウアー
肖像写真}
肖像写真
基本情報
出生 1862年10月8日
出身地 ドイツの旗 ドイツ ハンブルク
死没 1942年4月29日 ウィーン
学歴 モスクワ音楽院
ジャンル 器楽曲声楽
職業 作曲家ピアニスト、楽譜校訂者、音楽教育者
担当楽器 ピアノ

{{{Influences}}}

エミール・フォン・ザウアーEmil von Sauer, 1862年10月8日 ハンブルク - 1942年4月29日 ウィーン)はドイツ作曲家ピアニスト楽譜校訂者・音楽教育者。フランツ・リスト最晩年の高弟の一人として著名。

生涯[編集]

母親からピアノの手ほどきを受ける。サンクトペテルブルクアントン・ルビンシテインを訪ねて、演奏を聞いてもらう。その推薦状を得て1879年モスクワ音楽院にてニコライ・ルビンシテインに師事する。1884年から1885年までヴァイマルフランツ・リストの薫陶を受ける。

1901年よりウィーン音楽院に勤め、ピアノ科でマスタークラスを主宰。何度か中断はあったものの没するまで教育活動に携わった。そのうえ1880年代から1930年代まで演奏旅行を実行し、ヨーロッパ全土からアメリカ合衆国に至るまで国際的な活動を繰り広げた。

数多くのピアノ曲の校訂を行い、ショパンやリストだけでなく、シューマンブラームスの作品も校訂した。

作品は、ピアノ協奏曲ピアノ・ソナタ演奏会用練習曲、ピアノ曲集、声楽曲がある。ピアノの教則本も出版しており、1900年には自叙伝も執筆した。


数々の功績により1917年オーストリア=ハンガリー帝国から貴族に列せられる。また、ロンドン・フィルハーモニック協会より金メダルを獲得した。


ハンブルク法曹協会では、正義と文化のつながりを称えて、エミール・フォン・ザウアー賞が創設されており、ハンブルク=ベーレンフェルトには、ザウアーの名にちなんで「フォン・ザウアー通り」と名づけられた街路がある。

著名な門弟に、ウェブスター・エイトケン、ステファン・アスケナーゼリュプカ・コレッサエリー・ナイら。2度結婚しており、再婚相手で音楽教育者のアンヘリカ・モラレスも弟子である。2人の息子を儲けた。

エミール・フォン・ザウアー、1905年11月25日ライプツィヒのスタジオにて、ウェルテ・ミニョン社のピアノロールへの録音風景。左手にカール・ボッキッシュ、右手に立つのがフーゴー・ポッパー。

参考文献[編集]

  • „Meine Welt. Bilder aus dem Geheimfache meiner Kunst und meines Lebens“ (Autobiographie, Stuttgart 1901)
  • Anita Boyle Renfroe: Emil von Sauer; A catalogue of his piano works. Louisville, Ky., Southern Baptist Theological Seminary, Diss., 1981 Microfiche.

音源[編集]

  • Emil von Sauer - The complete commercial recordings. 3 CD. Marston, 1998. EAN 6 38335 30022 1 (Aufnahmen 1923-1941).

外部リンク[編集]