モスクワ音楽院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

モスクワ音楽院(正式名称、チャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院Московская Государственная Консерватория им. П.И.ЧайковскогоMoscow Tchaikovsky Conservatory)は、ロシアの音楽学校。

歴史

ロシア国内の音楽教育機関としては最高の権威を持つ。1866年ニコライ・ルビンシテイン1862年サンクトペテルブルク音楽院を創設したアントン・ルビンシテインの弟)によって創設される。1878年チャイコフスキーは同音楽院の作曲科教授を務めており、1940年チャイコフスキー生誕100周年を記念して現在の正式名称となった。

現在ではモスクワ音楽院付属中央音楽学校など学校全体の規模は拡大している。留学生はアジア圏を中心に年々増加しており、中国人と韓国人の比率が高い。オフシーズンでも公開レッスンやシンポジウム、コンクールなど、音楽に関するイベントが多い。現在校舎全体の老朽化や、練習室の確保難などの問題に直面している。日本のくらしき作陽大学(作陽音楽大学)と提携したのは、国際交流以上に経営難からの切実な要求であったとみられる。

冷戦崩壊以後、ロシア人の国際コンクール入賞の全体成績は1990年代に一旦は低下した。しかし「今はロシアの強さが戻ってきたように思います」と卒業生のエリソ・ヴィルサラーゼエリザベート王妃国際音楽コンクールのピアノ部門2010の審査の総括として述べた。ニコライ・ホジャイノフは「世界最高の音楽機関」と母校を讃えた。[1]

近況

1990年代より作曲教育が完全に解禁され、多くの作曲家がロシアに客員教授として招かれたことに伴い、ドミトリー・クルリャンツキーアレクセイ・シオウマクセルゲイ・ネフスキーニコライ・クルストオルガ・アルシナなどの優秀な作曲家がこの音楽院から次々と輩出された。 2013年現在、ホール等の設備は一般に貸し出しが可能になっており、モスクワ音楽院外部の人間もコンサートの開催が可能になっている。

参考文献

  • The Moscow Conservatory. Information Booklet. Second Edition. Moscow, 2001. ISBN 5-89598-111-9.
  • Moscow Conservatoire. Moscow, 1994. ISBN 5-86419-006-3.
  • Moscow Conservatory: Traditions of Music Education, Art, and Science 1866–2006. Moscow: "Moskovskaya Konservatoriya" Publishing House, 2006.

脚注

  1. ^ [1]

外部リンク