ニコライ・ラコフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ニコライ・ペトローヴィチ・ラコフ(Nikolai Petrovich Rakov、Николай Петрович Раков1908年3月14日 - 1990年11月3日)は、ロシア作曲家

カルーガ出身。ルビンシュタイン音楽学校でヴァイオリンを学び、モスクワ音楽院作曲レインゴリト・グリエールセルゲイ・ヴァシレンコについて学ぶ。1931年に卒業後、グリエールの助手として音楽院に残り、1935年より教職につき、1943年に同学院の楽器法の教授となった。その一方でヴァイオリン奏者・指揮者としてコンサート活動も行っていた。さらに楽器法に関する著作も残している。生徒にはエディソン・デニソフボリス・チャイコフスキーニコライ・ペイコアンドレイ・エシュパイアルフレット・シュニトケらがいる。1946年にヴァイオリン協奏曲第1番によってスターリン賞を受賞、1975年にはソ連人民芸術家の称号を受けている。

文献[編集]

  • Цукер А. Николай Раков. — М., 1979.
  • Холопов Ю.В. Из рода Раковых. - Калуга, Золотая аллея, 2004.