アレクサンドル・カスタルスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アレクサンドル・ドミトリエヴィチ・カスタルスキー[1]ロシア語: Александр Дмитриевич Кастальский, Alexandr Dmitriyevich Kastalsky、1856年 - 1926年12月17日)は、ロシア作曲家であり民俗学者

生涯[編集]

カスタルスキイはモスクワに、長司祭ドミトリイ・イヴァノヴィチ・カスタルスキーДмитрий Иванович Кастальский)の息子として生まれた。音楽理論作曲法エクリチュール)、ピアノモスクワ音楽院で学んだ。最初の合唱音楽作品は1896年に作曲されている。1917年まで、130以上の作品を書き上げ、セルゲイ・ラフマニノフと同様、新ロシア派の重要な作曲家となり影響力をもった。正教会聖歌も多数作曲している。

1917年ロシア革命以降は、無神論を掲げる共産主義政権により聖歌作曲が禁じられる中、民謡の研究に専念し、結果、多くの合唱作品が生まれた。重要な作品としては「村の交響曲」(1923年)、「民謡による田園風作品」(1924年)がある。

脚注[編集]

  1. ^ 「カスタリスキー」「カスタリスキイ」「カスタルスキイ」とも転写し得る。本項目名「アレクサンドル・カスタルスキー」の転写出典:『聖歌集 ポクロフスキー改訳』大阪正教聖歌会、大阪ハリストス正教会開教百年祭記念刊行(1978年3月5日)、発行人:長司祭プロクル牛丸康夫、監修:聖歌指揮者ティト加藤直四郎

出典[編集]

  • Svetlana Zvereva. "Kastal'sky, Aleksandr Dmitriyevich", Grove Music Online, ed. L. Macy (accessed 30 August 2009), grovemusic.com (subscription access).

関連項目[編集]

外部リンク[編集]